機能するチーム・機能しないチームのアクションの違いとは?~オンライン化時代のチームづくりに必要なこと~


昨今、テレワークなど働き方の多様化により、組織内でのチームづくりにも大きな変化が求められています。
また、多くの管理職が成果を求められる中、テレワーク下でのメンバー育成やマネジメントに悩んでいます。

このような時代の変化に伴い、チームとして機能し成果に直結するためには、どんなアクションが必要なのか、また、どんなアクションが違いを生むのかについて調査を行いました。

本レポートでは、チームに所属したことがある係長~部長クラスの約300名を対象に、

1. チームとして機能しておらず成果にも直結していなかった時のチーム
2. チームとして機能し成果にも直結していた時のチーム

上記2つの状況において、どんなアクションを行っていたか、また、どんなアクションを行えば機能したかについて調査を行い、その結果についてまとめています。

本レポートが、オンライン化が加速するこれからの時代において、新たなチームづくりのヒントとなれば幸いです。

ぜひ、以下よりお申込ください。

◆目次

P2  調査概要
P3  レポートサマリー
P4  どのアクションを行えばチームは機能し成果が出ていたか?
P5  チームが機能し成果を出すためのアクションの違いとは?
P6  オンライン化時代のチーム作りに大事なこと
P7  《参考》 これからの時代に求められるチームマネジメントとは
P8  管理職の7つ道具(ココラボ)のご紹介