エンゲージメントとモチベーションの違い

※弊社から発行しました以下「小冊子」ですが、内容の一部を抜粋し、数回に渡りご案内させていただきます。

今回は、「エンゲージメントと、モチベーション、ロイヤリティ、コミットメント 、従業員満足度」の違いについてお伝えします。

「エンゲージメント」についてのお話をすると、必ずといっていいほど「エンゲージメントとモチベーションとは違うのですか?」といった質問を受けます。

他にも、エンゲージメントと混同されやすい概念として、ロイヤリティやコミットメント、従業金満足度(ES)があります。

そこで、これらの違いを簡単にご説明したいと思います。

モチベーションとエンゲージメント


モチベーションとは、基本的に行動を起こすための動機にあたるものです。
お正月に箱根駅伝のテレビ中継を見て、「よし、今日から走るぞ」という気持ちになったりするのが、モチベーションです。

一方、エンゲージメントとは、自発的な貢献意欲を持って、主体的に仕事に取り組んでいる状態、であり、これは何かに取り組んでいる最中、あるいは、その取り組みを終えた状態に対しての表現です。

事前の話か、最中〜事後の話かというところが、モチベーションとエンゲージメントとの違いであり、モチベーションの場合は、「走りたい」と思ったけれど走らなかった、といったことが起きますが、エンゲージメントの場合は、動機に関係なく、走っていることに意味を感じながら夢中になっている状態です。

ですので既に走り始めているし、走り切る可能性は高いのです。

そう考えると、エンゲージメントとモチベーション、どちらがパフォーマンスに影響しやすいかと言えば、後者だと言えます。

ロイヤリティ、コミットメントとエンゲージメント


ロイヤリティは忠誠、忠実、忠節、義理という言葉で表されるように、対象となる組織や仕事に対して、義理を果たす、尽くす、といった、ベクトルが個人から組織、仕事に対して一方的に向けられているニュアンスがある言葉です。

また、コミットメントは約束、公約、契約といった言葉に訳されるように、責任というニュアンスが強い言葉です。
組織から「頼みましたよ」と委ねられた仕事に、責任を持ってしっかり関わる、といったものですが、それはあくまでも組織から個人に求められているものであり、個人が自分の意志で「やろう」というものではありません。

一方、エンゲージメントリングが夫婦対等の立場で交わされるように、エンゲージメントには、お互いがお互いの意思で対等につながろうという、ベクトルが双方に向いているニュアンスを含んでいるところに大きな違いがあります。

そして、組織と対等につながっているからこそ、自発的に行動を起こすものであり、その点が異なっているように思います。

従業員満足度とエンゲージメント


従業員満足度とは、どれだけ従業員が会社に満足しているかを表したものであり、以前からES(Employee Satisfaction)と呼ばれて測定されてきました。

これは、会社が提供する職場環境や給与、福利厚生、人間関係によって従業員自身が満足しているかどうかを評価するものです。

ただ、これだけでは、「組織から向けられたベクトルに対してどれだけ満足し、平静や安定を得ているか」というところまでしか分からず、「自発的に仕事に取り組んでいる」といった、本人からの能動的なベクトルがあるかまでわかりません。

従業員満足度が高いからといって、エンゲージメントも高い組織であるとは限らないのです。

エンゲージメントを高めるには何が必要なのか、小冊子にまとめておりますので、ぜひ、以下よりお申込みください。

次回は、エンゲージメントを高めるために組織にできることについてご案内いたします。

★エンゲージメントを高める組織づくりのヒントが詰まった小冊子を、今なら無料で進呈いたします。

関連記事

  1. 一行読書:「ポジティブ心理学の挑戦 “幸福”から“持続的幸福”へ」

  2. 仮説を立てると仕事はおもしろい 〜新人研修から学んだこと〜

  3. 「不在」によって際立つ「存在」のつよさ

  4. 自分にしか分からない「葛藤」を貯めていくと、それが価値になる

  5. 「自分の頭や意思で考え、伝えようとする力が弱い」

  6. オンライン化をもとに育成施策を最適化する

人気のコラム

事例紹介

「NEWONE」メールマガジン

企業名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

◆個人情報取り扱い
株式会社NEWONE(以下「当社」と言います)は、ご提供頂く個人情報を以下のとおり取り扱います。

1.利用目的について
当社は個人情報を、ご登録頂いた個人情報を、メールマガジン配信のために必要な範囲で利用致します。個人情報をご提供いただけない場合、目的を遂行できない場合がございますので、ご了承下さい。

2.個人情報の取り扱いについて
当社はご提供頂きました個人情報を上記利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つように努め、不正なアクセス、改竄、漏洩などを防ぐべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。ご提供頂きました個人情報は特定の場所にて保管し、原則として返却致しません。

また当社は、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することはございません。但し、当社が運営するウェブサイト(new-one.co.jp)では、セキュリティ確保・ユーザビリティ向上のため、アクセス・利用状況(個人情報を含みません)をCookieにより取得しています。Cookieの設定については、各ウェブブラウザのヘルプメニューをご確認ください。

3.個人情報の第三者への提供
当社は、以下の場合を除き、第三者へ提供致しません。
(1)法令の規定により開示が要求された場合
(2)人の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
(3)公共の利益を保護するために必要な場合

4.委託などの管理
個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。

5.個人情報の開示等について
当社に対してご提供頂いた個人情報に関して、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止(以下「開示等」と言います)を求める事ができます。
個人情報の取り扱いに関する苦情及び開示等の申し出は、個人情報相談窓口まで、電話かメールにてご連絡下さい。当社の手続き規定に従い、対応致します。

個人情報相談窓口:株式会社NEWONE 個人情報保護管理者
(管理部門/取締役 tel:03-6261-3514 maill : info@new-one.co.jp)

上記に同意します