投稿日:

効果的なOJTのやり方 – 成果を最大化するためのポイント解説!

効果的なOJTのやり方 – 成果を最大化するためのポイント解説!

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

エンゲージメント向上や人材開発・組織開発全般に関するお役立ち情報やメソッドを発信してます!

NEWONEでは、あらゆる企業のご希望やお悩みにあわせた
多種多様な研修を取り扱っております。

どんな研修があるか見てみる

「OJT」は、On-The-Job Training(現場研修)の略称であり、新入社員や未経験者に対するトレーニングの一つです。この方法で、メンバーのスキル向上と意欲の向上を目指すことができます。今回は、OJTのやり方を解説します。以下、10のポイントをご紹介します。

目標を明確にする

OJTを実施する前に、メンバーの目標を明確にします。目標を明確にすることで、学ぶべき内容を整理し、的確なトレーニングができます。

職場の実践に基づくトレーニング

OJTは、職場の実践を通してスキルを磨くことができます。実際の業務を体験することで、現場で必要とされるスキルを身につけることができます。

メンターの役割

OJTでは、メンターがとても重要な役割を果たします。メンターは、実践的なスキルの指導やフィードバックを行うことで、メンバーのスキルアップを支援します。

資料の作成

OJTで学ぶ内容を整理するために、適切な資料を作成しましょう。ポイントをまとめたチェックシートや、手順書などが有効です。

フィードバックの受け方

OJTでは、フィードバックを受けることが重要です。上司や先輩からのフィードバックを受け、改善点を把握することでスキルアップができます。

NEWONEでは、エンゲージメント向上をはじめとした
人・組織の課題解決のヒントとなるセミナーを開催しています。

開催中のセミナーを見てみる

ローテーションの実施

OJTを有効に活用するには、ローテーションを実施しましょう。ローテーションをすることで、多くの業務を経験し、スキルアップができます。

トレーニングメソッドの工夫

OJTで使うトレーニングメソッドには、様々な種類があります。メンバーのニーズに合わせて、適切なものを選択しましょう。

成果を評価する場所の用意

OJTで習得したスキルを正しく評価するためには、評価する場所を用意する必要があります。評価する場所を用意することで、成果を客観的に見ることができます。

メンバーの意欲向上のための環境作り

OJTでは、メンバーの意欲向上を目指すことができます。そのためには、メンターとの良好な関係や、専門的な環境を整備することが必要です。

常に改善をする

OJTは、常に改善をすることが重要です。メンバーの意見やフィードバックを取り入れ、トレーニングプログラムを改善しましょう。

以上、OJTのやり方を解説しました。メンバーのスキルアップと意欲の向上を目指すために、ぜひ参考にしてみてください。