お申し込み受付中

4/26 (金) 14:00

15:00

“キャリアのありたい姿”どう定義する?キャリア研修における「価値観」と「ポジション」の関係性を考える

“キャリアのありたい姿”どう定義する?キャリア研修における「価値観」と「ポジション」の関係性を考える

このセミナーに申し込む

人事・研修企画ご担当者様向け

人材の流動化の加速、若手層を中心とする労働観の変化、ジョブ型雇用の浸透等を背景に、「キャリア自律=自らの意思で、自身のキャリアを主体的に描く」というメッセージがここ数年でよく聞かれるようになりました。

「キャリア研修」の位置づけも変わり始めるとともに、各社様でのキャリア研修の実施数も数年前と比較しても伸びています。

また、一連の流れの中で、キャリア自律はいち階層施策のいちテーマというより、管理職層も含めた複数階層への介入による風土づくりという側面を持つようになりました。

一方で、各企業様をご支援させて頂く中で、

「ライフキャリアについて考えて欲しいとは思っているが、外に目を向けさせることが果たして正解か分からない」
「タイパ世代とも言われる若手に対して、10年先のキャリアプランやポジションイメージを湧かせられない、辞めてしまう」
「そもそもそこまで強いWillや価値観というものが見えない」

等の悩みをお伺いすることも多く、キャリア研修の「ゴールをどこにおくか」「ありたい姿をどう描かせるべきか」という点において各社様も手探り状態であるように感じています。

今回のセミナーでは、“研修設計”という点に絞り、
「社内外の要素の扱いの是非」「価値観の扱い方」「ポジションやWill、やりたいこととの繋げ方」について、
各社様の事例を元にしながら、具体的な研修設計の方法について一緒に考えていきます。

自社の今後の施策を考えるにあたって、ヒントが欲しいという方々は、ぜひふるってご参加ください。

◆こんな方におススメ

・キャリア研修を自社でも実施しているが、どういったゴールが良いのか分からな
・ジョブ型推進等の制度面の変更を受けて、自社のキャリア施策にも手を打つ必要があるが、どう反映したらよいか分からない
・特に若手・中堅層のキャリア研修についての課題感がある

◆セミナー概要

・キャリア研修の設計におけるゴール設計とは
・「価値観」「Will」「ポジション」といった要素の扱い方
・実際の施策事例のご紹介

◆ファシリテーター


株式会社NEWONE
HRパートナー 庄司 幸平

大学卒業後、大手国内メーカーに入社。
本社人事部として、人事業務全般に従事し、特に社内規程や人事制度の運用・改訂に携わる。
2016年 人材育成・組織開発企業である株式会社シェイクに入社。
コンサルタントとして、新入社員育成から次世代管理職育成、
組織風土改革まで幅広い領域におけるソリューション企画・提案に携わる。
2018年1月、人生100年時代における新しい働き方をリードすることを目的に創業された
株式会社NEWONEに創業メンバーとして参画。
大手企業から中小ベンチャー企業に至るまで幅広い層のクライアントに対し、
人事・組織戦略コンサルティングに従事する傍ら、セミナー等での登壇・講演を行う。

◆開催概要

《日時》2024年 426日(金)開始:14:00~15:00(終了予定)

《受講方法》「Zoom」にて実施予定です。
※当日の受講方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみに開催の2日前までにご案内させていただきます

《料金》無料

同業、競合企業様のお申込みは、お断りする場合がありますので予めご了承ください
※メールアドレスにお間違いがあると参加URLをお送りできませんので、今一度ご確認の上お申込みボタンを押してください
※開催前日になっても、ZoomのURLが届かないようであれば、info@new-one.co.jpまでお問合せください

NEWONEでは、あらゆる企業のご希望やお悩みにあわせた
多種多様な研修を取り扱っております。

お問い合わせはこちら

“キャリアのありたい姿”どう定義する?キャリア研修における「価値観」と「ポジション」の関係性を考える

お申し込みフォーム