これからの時代の「仕事の進め方」とは? ~若手社員が成果を出すために学ぶべき新常識~

受付中

2021.01.25 11:00 ~ 12:00

人事・研修企画ご担当者様向け

2020年は、歴史にも残るような大きな変化が求められた1年でした。

テレワークが主流になったことで、コミュニケーションの取り方、OJTや新入社員の育成、マネジメントも大きく変化しました。

これまでも徐々に変化する若者の傾向に頭を抱えていたものの、テレワークになったことで、さらにコミュケーションの難易度が高まり、その場の雰囲気で何となく伝わっていたものが通じなり、育成やマネジメントが困難になったと感じているトレーナーや上司が多いようです。

テレワークで仕事を進めていく場合は、これまで当たり前に行っていた仕事の渡し方や、受け取り方にも注意が必要です。

さらに、ビジネス環境や若手の価値観が変わっている中、これまでのスタイルを抜本的に見直していく必要があります。

では、今の時代に合った新しいスタイルの「仕事の進め方」とは、どのようなものなのでしょうか。

今回のセミナーでは、今起こっている若手社員の働きがい不足といった課題を紐解きながら、これからの時代にあった仕事の進め方のスタンダードとは何か、若手社員が主体性を発揮し、成果を出すためのチームづくりや、一人ひとりが持つべきスタンスなどについてお伝えさせていただきます。

また、HRテックを活用したイマドキの若手の本音の引き出し方や、相互理解・チームづくりのヒントについてもご紹介させていただきます。ぜひ、ふるってご参加ください。

◆こんな方におススメ

・若手社員には、これからの時代にマッチした仕事の進め方を教えたい
・若手の強みを生かし、主体性が発揮できるチームをつくりたい
・テレワークでもつながりや意欲を高め成果を出すヒントを知りたい
・ビジネス環境が変わる中、これまでの仕事の進め方に疑問を持っている

◆セミナー概要

・若手社員を取り巻く環境変化
・「いままで」と「これから」の仕事スタイルの違い
・自律と責任をもたらすエンゲージメントの重要性
・仕事を始める・進める・成果に変えるために持つべきスタンス
・人事や現場の上司が意識すべきこと

◆ファシリテーター

株式会社NEWONE 代表取締役社長 上林 周平


大阪大学人間科学部卒業。
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。
官公庁向けのBPRコンサルティング、独立行政法人の民営化戦略立案、
大規模システム開発・導入プロジェクトなどに従事。
2002年、シェイク入社。企業研修事業の立ち上げを実施。商品開発責任者として、
新入社員〜管理職までの研修プログラム開発やファシリテーションを実施。
2015年より、株式会社シェイク代表取締役に就任。
前年含め3年連続過去最高売上・最高益を達成。
2017年9月、これからの働き方をリードすることを目的に、
エンゲージメントを高める支援を行う株式会社NEWONEを設立。
米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー

◆開催概要

《日時》2021年 125日()開始:11:00~12:00(終了予定)

《受講方法》「Zoom」にて実施予定です。
※当日の受講方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみに開催の2日前までにご案内させていただきます

《料金》無料

※競合企業様のお申込みは、お断りする場合がありますので予めご了承ください
※メールアドレスにお間違いがあると参加URLをお送りできませんので、今一度ご確認の上お申込みボタンを押してください
※開催前日になっても、ZoomのURLが届かないようであれば、info@new-one.co.jpまでお問合せください