投稿日:

若手社員の定着を促す!離職防止の秘訣と成功事例

若手社員の定着を促す!離職防止の秘訣と成功事例

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

エンゲージメント向上や人材開発・組織開発全般に関するお役立ち情報やメソッドを発信してます!

NEWONEでは、あらゆる企業のご希望やお悩みにあわせた
多種多様な研修を取り扱っております。

どんな研修があるか見てみる

こんにちは、今回の記事では若手メンバーの離職防止について解説します。近年、若手メンバーの離職は多くの企業が直面する課題となっています。そのため、離職防止対策が求められています。今回は、若手メンバーが会社に残り続けるための秘訣についてお伝えします。

1. 給与・福利厚生の見直し

若手メンバーが会社を辞めてしまう理由の一つに、「給与・福利厚生が低い」というものがあります。そのため、企業は競合他社と比較し、優れた待遇を提供する必要があります。また、メンバーのニーズに合わせた柔軟な福利厚生制度の整備も必要です。

2. コミュニケーションの活性化

若手メンバーに対して、フィードバックを定期的に行うことで意欲を刺激し、チームワークの向上にもつながります。また、社員同士が交流できる場を設けることで、コミュニケーションの活性化が図れます。

NEWONEでは、エンゲージメント向上をはじめとした
人・組織の課題解決のヒントとなるセミナーを開催しています。

開催中のセミナーを見てみる

3. キャリアアップのサポート

若手メンバーには、自己成長のためにキャリアアップを望む人が多いものです。そのため、企業側は、定期的なキャリアアップの面談を設け、キャリアアップに向けたフォローを行うことが大切です。

4. 働きやすい環境の整備

若手メンバーは、ワークライフバランスを重視する傾向があります。そのため、フレックスタイムや在宅勤務などの柔軟な働き方ができる環境整備が必要です。また、職場の雰囲気や風土も、メンバーの意欲に影響を与えると考えられます。

5. メンバーとの共有価値の確認

若手メンバーは、企業に対して、共有する価値観を求めるようになっています。そのため、企業側は、社会的に意義のある業務に従事していることをアピールすることが大切です。また、社員が企業の経営理念や方針に共感し、活躍することができる環境を整備することも重要です。

以上、若手メンバーを会社に留めるための離職防止対策について解説しました。若手メンバーは、企業が提供する待遇や環境に敏感であり、意欲的に働きたいと願っています。企業側は、その願いに応え、オープンでフラットな組織風土を整備し、メンバーの成長をサポートすることが重要です。