投稿日:

キャリアの閉塞感から抜け出し、可能性を再発見するキャリア研修

キャリアの閉塞感から抜け出し、可能性を再発見するキャリア研修

<a href=渡部 亮太" width="104" height="104">

著者

渡部 亮太

著者

渡部 亮太

株式会社NEWONEに新卒入社。研修をメインとして、人材育成・組織開発のHRパートナーとして従事。新入社員の育成体系構築から、管理職主導の組織開発まで支援。社内ではスキルの可視化等、若手が自律的に成長する仕組みづくりを行っている。

NEWONEでは、あらゆる企業のご希望やお悩みにあわせた
多種多様な研修を取り扱っております。

どんな研修があるか見てみる

「キャリア自律」が求められ、企業が個人のキャリア自律を支援することが当たり前になりつつあります。
大手企業であれば、自社内で希望する部署に異動を促すことも施策として実施されているところもありますが、中小企業等、自社内でのキャリアの選択肢には限界があり、キャリア自律を促すことが転職を促すことに繋がるのではないか?という懸念を抱えている企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

先日、キャリア自律を促していきたいが自社内でのキャリアの選択肢が狭いことを課題に抱えている企業様で、キャリア自律支援研修を半日間にて実施させていただきました。

今回の研修では、以下の気づきを持ち帰っていただくことを狙いに設計し、実施致しました。
・キャリアとはそもそも仕事だけではなく人生そのものであること
・キャリアを豊かにしていくものは、ポジションだけではなく、自身のやりがいを自分で決めて獲得する「心理的成功」にあるということ
・そして自社内には、自身の心理的成功を高める要素がたくさんあるということ

自分自身の価値観を洗い出すことや、今の会社の環境を最大限活用した際に得られるキャリア資本を洗い出すことを通して、
・自分はこんなことを大切にしていたのだな
・今の会社をポジション以外の観点で見ると、いろいろとやれることがありそうだな

といった気づきを得られていたようでした。

最終的には、今の会社でのありたい姿を描き、今後どのような価値観を大事にしていきたいか、また、どのようなキャリア資本を獲得していきたいかを決め、終了いたしました。

アンケートコメントでは、
・仕事のことだけがキャリアではないことに気づいた
・キャリア資本はスキルや経験だけではなく、「自分を知っていること」もキャリア資本になることに気づいた

といった、これまでのポジションや仕事だけを捉えるキャリア観から人生、自分そのものを捉えるキャリア観に変化していたようでした。

「キャリア」というとどうしても「仕事」と結びつけがちですが、実は「人生そのもの」であり、そこに気づくだけでも、自分のキャリアを考える一歩が踏み出しやすくなるのではないかと感じました。