投稿日:

効果的なOJTマネジメントのポイントと成功事例を紹介!

効果的なOJTマネジメントのポイントと成功事例を紹介!

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

エンゲージメント向上や人材開発・組織開発全般に関するお役立ち情報やメソッドを発信してます!

NEWONEでは、あらゆる企業のご希望やお悩みにあわせた
多種多様な研修を取り扱っております。

どんな研修があるか見てみる

はじめに

OJTマネジメントとは、On Job Training Managementの略称で、現場における研修によって、従業員の能力向上や意欲向上を図る手法です。今回は、OJTマネジメントの効果や導入に必要なポイントについて解説します。

OJTマネジメントの効果

OJTマネジメントによる効果は以下の通りです。

メンバーのスキルアップ

OJTマネジメントは、実践的なトレーニングが行えるため、理論だけでなく実践的なスキルアップにもつながります。そして、そのスキルアップによって、メンバーはより成果を出しながら働くことができます。

意欲の向上

OJTマネジメントは、従業員に対して、仕事のやりがいや達成感を提供します。そのため、メンバーのモチベーションを高めることができ、意欲が向上します。

NEWONEでは、エンゲージメント向上をはじめとした
人・組織の課題解決のヒントとなるセミナーを開催しています。

開催中のセミナーを見てみる

OJTマネジメントの導入に必要なポイント

OJTマネジメントを導入するにあたって、以下の点に注意が必要です。

目標の明確化

OJTマネジメントを導入するにあたって、目標を明確にすることが重要です。メンバーが目指すべき方向性を提示し、最終的な目標を明確にすることで、メンバーの成長に繋がります。

情報の共有

OJTマネジメントには、トレーナーとメンバーという役割があります。そのため、トレーナーとメンバーで情報を共有することが必要です。また、フィードバックを行い、改善点を共有することで、メンバーの成長につながります。

フォローアップ

OJTマネジメントを導入した後は、定期的にフォローアップを行い、メンバーの成長状況をチェックしましょう。その結果に基づいて、目標の見直しや改善点の指摘を行うことが必要です。

まとめ

OJTマネジメントは、メンバーのスキルアップや意欲の向上につながります。導入する上で目標の明確化や情報の共有、フォローアップが必要です。メンバーの成長に合わせて、柔軟に対応することが、より効果的なOJTマネジメントの実施につながります。