投稿日:

3年目社員の壁を乗り越えるためのヒントと成功ストーリー

3年目社員の壁を乗り越えるためのヒントと成功ストーリー

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

エンゲージメント向上や人材開発・組織開発全般に関するお役立ち情報やメソッドを発信してます!

NEWONEでは、あらゆる企業のご希望やお悩みにあわせた
多種多様な研修を取り扱っております。

どんな研修があるか見てみる

こんにちは、管理人の○○です。今回は、3年目に突入し、新たな壁に直面するメンバーの方々へ向けて、解説をしたいと思います。

3年目を迎えると感じる社員の壁

3年目になると、新入社員としての期間が終わり、本格的に業務を任されるようになります。特に前半の期間は、新たな業務に対しての戸惑いや不安感が強く現れることが多く、さまざまな壁にぶち当たることになります。

具体的には、「過去の実績に頼りたい」と思うが、経験が浅いことから慣れない業務に苦しんだり、「先輩社員に追いつきたい」という思いから、自分自身に対して厳しくなりすぎたりすることがあります。こうした社員の壁を乗り越えるためには、どうすればいいのでしょうか。

NEWONEでは、エンゲージメント向上をはじめとした
人・組織の課題解決のヒントとなるセミナーを開催しています。

開催中のセミナーを見てみる

壁を乗り越えるための注意点

1. 目標を明確化する

社員の壁にぶち当たった場合、まずは自分の目標を明確化することが大切です。3年目になったからといって、まだまだ未熟な部分はあります。自分がやりたいことや、今後のスキルアップにつながるような目標を掲げ、それに向かって努力するようにしましょう。

2. 先輩社員からアドバイスを受ける

若手社員が新たな業務に苦戦する場合、先輩社員からアドバイスを受けることが有効です。先輩社員は、同じような境遇を経験していることが多いため、的確なアドバイスをもらえることが多いです。積極的に質問をして情報収集するように心がけましょう。

3. 自分に適した学習方法を見つける

社員の壁を乗り越えるためには、適した学習方法を見つけることが重要です。自分にとって一番効果的な勉強方法や、学習する内容を絞り込むことで、無駄な時間を減らし、より効率的に成長することができるでしょう。

3年目社員の壁を越えて

今回の記事では、3年目を迎えた新入社員が感じる社員の壁について、解説してきました。それでは最後に、本記事を読んでいるメンバーの皆様へ向けて、私からの総括とアドバイスを述べたいと思います。

いかがでしたか?私もかつては同じような境遇にいたことがあり、苦労した経験があります。しかし、自分の目標をあきらめず、先輩社員からアドバイスをもらいながら、自分に合った学習方法を見つけていくことで、社員の壁を越えることができました。

皆さんも、一つひとつの業務に向き合いながら、前を向いてステップアップしていってください。最後に、この記事を読んでいただき、ありがとうございました。