メンバーの仕事が見えるおもしろさ

こんにちは。NEWONEの館越です。
以前、代表コラムでもご紹介させて頂きましたが、NEWONEではUnipos(ピアボーナス制度)を導入して3ヶ月が経ちました。

Uniposを導入することで、以下のようなメリットがあります。
・讃え合いによるモチベーションの向上
・見えない仕事の成果が明らかになる
・少額のボーナス給がもらえる

社内コミュニケーション活性化を推進するメンバーでもある私が、3ヶ月で1番感じたことは「メンバーの仕事が見えるおもしろさ」です。

NEWONEの従業員数は30名近くであるものの、仕事を通してかかわりが少ないメンバーがいるのも現状です。
また、この現状を少しずつ打破したいと考えています。

Uniposでは、メンバーの仕事の成果や、社内でのちょっとした“気遣い行動”が「ありがとう」と共に共有されます。
普段仕事を通してかかわりが少ないメンバーの仕事も見えることで、コミュニケーションへのきっかけになります。

また仕事の成果(結果)だけでなく、プロセスに対しても共有されるため、1人ひとりの「強み」が見え、チームを超えて強みを活かした仕事の相談ができるようになりました。

今後も普段は見えないメンバーの動きを「ありがとう」と共に共有することで、コミュニケーションの活性化や新しいアイデアの種をつくれるように最大限にUniposを活用していきたいと思います。

 

関連記事

  1. 『シエスタ制度』 〜20分の仮眠で午後の生産性を上げる〜

  2. 「書く習慣」の中で気づいたこと 〜地道な思考と、わがままな感情〜

  3. 働き方改革を推進するにあたり、最初に受容すべき多様性は何か

  4. 働き方改革時代の営業マネジャー研修

  5. 新入社員に贈る年始に読みたい一冊

  6. 「仕事そのもの」がおもしろくなるためには? (後編)NEWONE 小野…