「出来ない自分は悪くない」

こんにちは、阿部です。

私は18年度卒の新卒としてNEWONEに入社し、
働き始めてあっという間に1年が経ちました。

社会人1年目の1年間を振り返って、思うことは
「自分史上最も苦しく、でも振り返ると最高に楽しい1年だった」
ということです。

私は大学時代から、それほど大きな挫折をしたこともなく
のんびり楽しく生きてきました。
ただ、社会人1年目はそんなに甘いものではなく
色んな挫折をし、「自分はなんでこんなことも出来ないんだ…」
と思う日々でした。

失敗したことに落ち込んで、次は失敗しないようにと
今まで以上に一生懸命頑張って取り組んでも、
やっぱり実力や経験が圧倒的に不足していて、
すぐに上手くいくことはありませんでした。

「こんなこともできない自分はダメな人間だ…」
落ち込めば落ち込むほど、仕事のパフォーマンスも下がり、
次も上手くいかない。まさに「負のスパイラル」でした。

負のスパイラルから抜け出すキーは「自己肯定感」


上手くいかないことが続く現状をなんとか打破したいと思い、
どうしたら上手くいくのかを必死に考える中で、
自分は「落ち込み、もう失敗したくない」と強く思えば思うほど
自分を否定するばかりで、
「今の自分には何が出来ていて、何が足りていないのか」
を客観的に内省することができていないということに気づきました。

「今の自分には何ができているのか」
を振り返り、その上で何が足りていないのかを考える。
そうすることで、
「こんなことも出来ない自分はダメな人間だ…」
と自分を責めて落ち込むのではなく
「これができていないから失敗するんだ」
と「失敗」という事象を冷静に観察することができます。

だから失敗し、上手くいかないことが続く時こそ
「自分はダメな人間だ…」と自分を否定し、
自己肯定感を下げるのではなく
「今の自分にはこれは出来ている。でもこれが出来ていない(足りていない)から失敗した。」
と考えることが大事だと思います。

研修などでもよく使われる考え方で
「Growth Mindset(=自分の才能や能力は、経験や努力によって向上できるという考え方)」というものがありますが
いざ、自分が落ち込んだり、上手くいかなかったときに
意識するのはなかなか難しいことだということを身をもって体験しました。

失敗したり、上手くいかないときこそ
「出来ない自分が悪い」ではなく
「自分には何が出来ていて、何が出来ていない(足りていない)のか」
を冷静に内省する。

そうすることで、「出来ない自分は悪くない」と開き直るわけでもなく、
「出来ていない(足りていない)部分は、これから成長する自分がいる」
と思えたら、どんな壁にぶつかっても少し前進することができるのではないでしょうか。

私自身も、まだまだこれから苦しいことや、落ち込むことなど
いくつもの壁にぶつかると思いますが、自己肯定感を下げることなく、
「出来ていない(足りていない)」事象を、冷静に内省し行動することで、
成長し続けていきたいと思っています。

 

関連記事

  1. 「変人」が社会を変える

  2. 新入社員が持つべきたった1つの意識

  3. おかん

  4. Web会議システムを使った双方向研修実施のポイント

  5. 働き方改革施策の簡易診断をリリースしました

  6. 大切なのは、君が照らされて、君が照らしている。ということ

人気のコラム

事例紹介

「NEWONE」メールマガジン

企業名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

◆個人情報取り扱い
株式会社NEWONE(以下「当社」と言います)は、ご提供頂く個人情報を以下のとおり取り扱います。

1.利用目的について
当社は個人情報を、ご登録頂いた個人情報を、メールマガジン配信のために必要な範囲で利用致します。個人情報をご提供いただけない場合、目的を遂行できない場合がございますので、ご了承下さい。

2.個人情報の取り扱いについて
当社はご提供頂きました個人情報を上記利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つように努め、不正なアクセス、改竄、漏洩などを防ぐべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。ご提供頂きました個人情報は特定の場所にて保管し、原則として返却致しません。

また当社は、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することはございません。但し、当社が運営するウェブサイト(new-one.co.jp)では、セキュリティ確保・ユーザビリティ向上のため、アクセス・利用状況(個人情報を含みません)をCookieにより取得しています。Cookieの設定については、各ウェブブラウザのヘルプメニューをご確認ください。

3.個人情報の第三者への提供
当社は、以下の場合を除き、第三者へ提供致しません。
(1)法令の規定により開示が要求された場合
(2)人の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
(3)公共の利益を保護するために必要な場合

4.委託などの管理
個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。

5.個人情報の開示等について
当社に対してご提供頂いた個人情報に関して、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止(以下「開示等」と言います)を求める事ができます。
個人情報の取り扱いに関する苦情及び開示等の申し出は、個人情報相談窓口まで、電話かメールにてご連絡下さい。当社の手続き規定に従い、対応致します。

個人情報相談窓口:株式会社NEWONE 個人情報保護管理者
(管理部門/取締役 tel:03-6261-3514 maill : info@new-one.co.jp)

上記に同意します