投稿日:

OJTトレーナーとは?OJT(実務研修)における役割と必要なスキルを解説

OJTトレーナーとは?OJT(実務研修)における役割と必要なスキルを解説

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

著者

NEWONE事務局

エンゲージメント向上や人材開発・組織開発全般に関するお役立ち情報やメソッドを発信してます!

NEWONEでは、あらゆる企業のご希望やお悩みにあわせた
多種多様な研修を取り扱っております。

どんな研修があるか見てみる

OJTとは、On the Job Trainingの略で、職場での実践的なトレーニングのことを指します。OJTトレーナーは、企業内でOJTを実施する従業員を指導する役割を担っています。OJTトレーナーは、従業員の能力向上や業務効率化を実現するため、重要な役割を果たします。

OJTとは?

OJTとは、従業員が実際の業務を通じて、必要なスキルや知識を習得することを目的としたトレーニングのことです。従来の研修と比べて、効率的・効果的・臨場感のある実践的なトレーニングが可能です。

OJTトレーナーとは?

OJTトレーナーは、企業内でOJTを実施する従業員を指導する役割を担っています。OJTトレーナーは、従業員のスキルアップや業務効率化を推進するため、専門的な知識やスキルが必要です。

OJTトレーナーの役割と責任

OJTトレーナーの役割と責任は以下の通りです。

  1. OJTプログラムの企画・設計
  2. 従業員のスキルや知識を評価する計画の作成
  3. 従業員の能力向上に向けた指導・アドバイスの提供
  4. OJTプログラムの進捗状況の管理・報告

OJTトレーナーに必要なスキルと能力

OJTトレーナーに必要なスキルと能力は以下の通りです。

  1. 技術・業務知識の豊富さ
  2. コミュニケーション能力の高さ
  3. 従業員の意欲やモチベーションを引き出す能力
  4. プログラム設計・評価の能力
  5. 問題解決・改善提案の能力

OJTトレーナーの役割の重要性

OJTトレーナーの役割が重要である理由は以下の通りです。

  1. 職場で実践的なトレーニングが可能な環境を整えることができる。
  2. 従業員のスキルアップや業務改善につながる。
  3. 従業員の意欲やモチベーションを向上させることができる。

OJTトレーナーの育成方法と課題

OJTトレーナーの育成方法は以下の通りです。

  1. 専門的な知識・スキルを身につけること。
  2. OJTトレーナーとしての実践経験を積むこと。

OJTトレーナーの課題は以下の通りです。

  1. 従業員のスキルの多様性に対応すること。
  2. プログラム評価の方法によって、指導の精度を高めること。

以上がOJTトレーナーについての紹介です。OJTトレーナーは、企業内でのOJTプログラムを成功させるために欠かせない存在です。OJTトレーナーは、従業員のスキルアップに貢献し、企業の業務効率化を実現するために、専門的な知識や能力を磨いていく必要があります。