組織が活性化する「社員合宿」のつくり方

こんにちは。
NEWONEの阿部です。

NEWONEでは8月に「社員合宿」を実施しました。
宿泊を伴う社員合宿は研修などと比べて、費用面や参加率の低下など、様々なデメリットがあります。
一方で、社員同士でより多くの時間を過ごせたり、日頃の仕事から離れてリフレッシュが出来たり、多くのメリットがあるのも事実です。

そんな中で、弊社で実施する社員合宿が組織をより活性化する施策になるために、運営メンバーで工夫したポイントを「組織が活性化する社員合宿のつくり方」としてご紹介いたします。

1. 社員だけではなく、家族、パートナーの参加も可能に

宿泊を伴う社員合宿の参加ハードルが高くなる要因の1つとして、子どものいる家庭や、家族に関連する場合が多いといえます。
そこで、今回の社員合宿では家族やパートナーの参加も可能とし、実際に半分近くの社員が家族やパートナーを伴っての参加となりました。
家族やパートナーの参加を可能とすることの効果は参加率を上げるだけではなく、家族も含めた会社への愛着向上という点も挙げられます。

2. 自由行動と集団行動のバランスに注意する

社員合宿とはいえ、全ての時間を集団行動にすると不満を抱く社員も少なくありません。
一方で、自由行動の時間を重視しすぎると一体感やコミュニケーションの量が少なくなり、社員合宿をしている意味が薄れてしまいます。

そこで、全日程のうち
1.全員参加必須の時間
2.任意参加の時間
3.自由時間
の3つをバランス良く配置し、プログラムを設計しました。

はっきりとは効果が見えにくく、一歩間違えると逆効果になりかねない「社員合宿による組織活性化」という施策だからこそ狙いを明確にし、丁寧に設計することが非常に重要だと思います。

実際に弊社で実施後に感じる効果は以下のようなものです。

・仕事面であまり接点のなかった社員同士のつながりを強化
・普段の仕事ではあまり知ることが出来ない素の一面を知ることで相互理解が深まる
・共通の体験をすることによって会社や社員に対する愛着心の醸成

社員同士のつながりの強化や、組織活性化施策の選択肢の1つとして、是非一度、「社員合宿」をご検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 多様性の受容を、もっと主体的に ~ダイバーシティを推進するにあたり~

  2. 熱狂と、存在意義と(後編) NEWONE権 海瑩 インタビュー

  3. 若手社員の差が出るポイント ~逆算思考④~

  4. NEWONEの第1期を終えて

  5. とにかく楽しい。仕事って楽しいんだな。

  6. 社会化から打破するには

人気のコラム

事例紹介

「NEWONE」メールマガジン

企業名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

◆個人情報取り扱い
株式会社NEWONE(以下「当社」と言います)は、ご提供頂く個人情報を以下のとおり取り扱います。

1.利用目的について
当社は個人情報を、ご登録頂いた個人情報を、メールマガジン配信のために必要な範囲で利用致します。個人情報をご提供いただけない場合、目的を遂行できない場合がございますので、ご了承下さい。

2.個人情報の取り扱いについて
当社はご提供頂きました個人情報を上記利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つように努め、不正なアクセス、改竄、漏洩などを防ぐべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。ご提供頂きました個人情報は特定の場所にて保管し、原則として返却致しません。

また当社は、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することはございません。但し、当社が運営するウェブサイト(new-one.co.jp)では、セキュリティ確保・ユーザビリティ向上のため、アクセス・利用状況(個人情報を含みません)をCookieにより取得しています。Cookieの設定については、各ウェブブラウザのヘルプメニューをご確認ください。

3.個人情報の第三者への提供
当社は、以下の場合を除き、第三者へ提供致しません。
(1)法令の規定により開示が要求された場合
(2)人の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
(3)公共の利益を保護するために必要な場合

4.委託などの管理
個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。

5.個人情報の開示等について
当社に対してご提供頂いた個人情報に関して、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止(以下「開示等」と言います)を求める事ができます。
個人情報の取り扱いに関する苦情及び開示等の申し出は、個人情報相談窓口まで、電話かメールにてご連絡下さい。当社の手続き規定に従い、対応致します。

個人情報相談窓口:株式会社NEWONE 個人情報保護管理者
(管理部門/取締役 tel:03-6261-3514 maill : info@new-one.co.jp)

上記に同意します