#ココラボ

より良い「1on1」のための3ステップとは?~管理職の7つ道具(ココラボ)~


《全機能無料展開中》
チームを束ねるすべての人のためのエンゲージメント向上ツール
「管理職の7つ道具」ココラボ(Cocolabo)
https://cocolabo.club/
※今ならすべての機能が無料で使えます。


こんにちは。NEWONEの桐山です。

「管理職の7つ道具(ココラボ)」のサービスの一つであるカルテ(https://cocolabo.club/karte)は「意向度」を用いた
個人のエンゲージメント向上ツールです。

個人の仕事や組織に対する意向を診断し、その診断結果を使って管理職やチームを率いるリーダーがメンバーのエンゲージメントを向上させるための1on1ツールです。

近年、個人の働く意向は多様化し続けており、個人が組織や仕事に期待する要素は多岐に渡ります。
そのため、これからのチーム運営においては、こうした多様な意向の状態を把握し、調整していく必要があります。

例えば、新しい部屋に引っ越したいと思っても、広くて安くて駅近で新築で3階以上でと多くを望んでもそのような物件はなく、優先順位をはっきりさせないと見つからないのと同じように働く上で大事にしたいことも優先順位をつけないと満足いく状態にならず、メンバーの不安や不満が募るばかりです。

しかし、エンゲージメントをはかる診断はあれど、エンゲージメントを向上させるためのツールは、研修や対話がほとんどでした。

さらに、管理職や先輩社員とお会いすると、メンバーの方と表面的に仲良く話すことは出来ても、本心を知ることが出来なかったり、しっかりとした信頼関係が築けていないシーンを見ることも多くあります。

こういった状況を打破するために、メンバーの望んでいることの優先順位が可視化され、同じものを見て、リーダー(上司)とメンバー(部下)が対話をすることが出来れば、より良い関係が築け、働きがいが高まるのではという思いから、今回のカルテをリリースしています。

カルテはエドワード・デシの心理学「自己決定理論」をもとに、個人の働く意向に大きく影響する要素に基づいた設問項目を用いて、ヒアリングすることで、個人の働く意向を明らかにしております。

本日は更にこのカルテを使った効果的な1on1のやり方について少しだけお伝えします。

◎カルテ診断後のより良い1on1のための3ステップ◎
1.「意向」の背景確認
カルテの診断結果で明らかになった意向をもとに、1位から3位までの重視している意向になった背景と重視していない意向の背景を確認し、本人が働く上で何を重視しているのか、何はそこまで重視していないかの背景を確認します。

2.「満足度」の確認及び調整
その上で、その意向が今現在満たされているとは限らないため、その意向の現状の「満足度」を確認することで、必要があればリーダーがその環境を整えることが必要かどうか確認をします。

3.自己開示
最後に、リーダー自身の重視している意向や重視していない意向を率直にメンバーに共有することで、自己開示の場になり、より相互に本音を出しやすい距離感に近づきます。

この3ステップを踏むだけでも、エンゲージメント向上ツールとして気軽にお試しいただけます。

▼1on1をアップグレードする「カルテ」
https://cocolabo.club/karte

さらに、今後、皆様のご要望にお応えし、9つの意向別1on1対応方法についてもココラボサイト上で公開予定です。

意向は、期の変わり目や上司が変わったり、配属先や仕事内容が変わるなど、環境変化によっても大きく影響を受けます。

新しく接点を持つ人に対してだけでなく、定期的に意向を確認することで、本人との関係の質を高めることにも役立つため、
この無料期間中にぜひお気軽にお試し下さい。
https://cocolabo.club/karte

ココラボでは、より多くの皆さまにご活用いただくために、改善要望を承っております。
まずは話をきいてみようと思った方はこちらのメール宛(cocolabo-support@new-one.co.jp)にお気軽にお問い合わせ下さい。