【顧問就任のお知らせ】慶應義塾大学総合政策学部 島津明人教授が弊社顧問に就任いたしました

この度、当社の顧問として、ワーク・エンゲイジメント(UWES)研究の第一人者である島津明人氏(所属:慶応義塾大学 総合政策学部 教授)が就任したことをお知らせいたします。

島津氏による研修プログラムの監修、組織開発コンサルティングへのアドバイス等を通じ、
エンゲージメントを軸にした組織開発コンサルティングのリーディングカンパニーを目指して、この日本に、組織や仕事に対する愛着(エンゲージメント)が高いメンバーで溢れる会社を増やして参ります。

《 新顧問 島津明人氏 》
■所属:慶應義塾大学 総合政策学部 教授
■主な著書:
ワーク・エンゲイジメント~ポジティブメンタルヘルスで活力ある毎日を~ 労働調査会(2014年)
ワーク・エンゲイジメント-基本理論と研究のためのハンドブック- 星和書店(2014年)
職場のストレスマネジメント セルフケア教育の企画・実施マニュアル 誠信書房(2014年)他多数

■経歴
2019年4月 – 現在 慶應義塾大学 総合政策学部 教授
2017年4月 – 2019年3月 北里大学 一般教育部人間科学教育センター 教授
2014年4月 – 現在 南オーストラリア大学 客員准教授
2006年10月 – 2017年3月 東京大学 大学院医学系研究科精神保健学分野 准教授
2003年4月 – 2007年3月 広島大学 大学院教育学研究科心理学講座 助教授
2005年3月 – 2006年3月 ユトレヒト大学 社会科学部社会・組織心理学科 客員研究員
2001年3月 – 2003年4月 広島大学 大学院教育学研究科心理学講座 講師
1999年4月 – 2001年3月 早稲田大学 文学部心理学教室 助手