【業務提携】車いすの人のためのバリアフリーマップアプリWheeLog!と業務提携しました

〜企業の経営層向けダイバーシティ体感新サービスリリース〜

株式会社NEWONEは、車いすの人のためのバリアフリーマップアプリWheeLog!(https://www.wheelog.com/hp/)と2018年5月1日に業務提携し、車いす試乗体験等からダイバーシティを本質的に理解する、企業の幹部候補向け研修プログラムを新たにリリースいたしました。座学ではなく体感することで心から理解(共感)をし、異なる性質を尊重して受容する環境を築き、新たな価値を創造していく経営者を育成してまいります。 当たり前のように一人ひとり違うこと(ダイバーシティ)を、車いす試乗体感を通じ大きなインパクトと共に理解(共感)をすることで、従業員一人ひとりの違いを尊重し受け入れ、違いを積極活用し、従業員が能力と可能性を最大限発揮できる環境をつくる。またそれらにより企業の競争力を強化し、創造性・革新性を向上させていく。本研修プログラムの実施を通じ、そのような経営者の方を日本により多く増やし、より良い社会になっていくことを目指します。 <本件のお問い合わせ先> 会社名:株式会社NEWONE 担当者:庄司幸平 TEL:03-6261-3514 FAX:03-6261-3515 E-Mail:info@new-one.co.jp <関連プログラム> 車いす体感・障がい者理解推進プログラム 実際の街中を舞台にした車いすの試乗を行い、障がい者の視点で行動することを通じて、相手の状況や背景をとらえられることができます。企業の経営幹部やその候補者に対し、ダイバーシティやCSRの観点における体感からの理解を提供します。 <参考> ■ WheeLog!について https://www.wheelog.com/hp/ みんなで作っていく、車いすの人のためのバリアフリーマップアプリです。アプリを用いて、レストラン・エレベーター・スロープなどのスポット情報は当然ながら、車いすで走行した情報も共有できます。さらには、知りたい情報をリクエストすることも! つぶやいた場所を地図上にどんどん追加していき、危険な場所や楽しい場所をみんなに知らせることもできるのです。WheeLog!では、アプリを使いながらバリアフリー調査を行いつつ、車椅子に乗り街歩きを行う体感イベントを実施しております。