●プロフィール

加茂 舞子(かも まいこ)
京都女子大学 現代社会学部 現代社会学科

●NEWONEに入社を決めた理由

NEWONEに決めた理由は様々ですが、1番はNEWONEの想いへの共感でした。
私は就活をしていく中で、自分の進みたい人生に向かって前向きに生きる人を増やすことに貢献していきたい、また私自身も自らの意志で行動し、周囲の人を幸せにしたいと思い、様々な会社を見ていました。NEWONEの、全ての働く人が活き活きと仕事をするためのきっかけをつくるという想いに共感し、自分もここで活き活きと働く人を増やすことに尽力したい!と思うようになり、入社を決意しました。
また、会社がこれから拡大していく段階にあり、そんな中で自分も会社を作っていく一員として多くのことに挑戦できることも魅力の1つでした。日々、様々なことに向き合う難しさを感じつつも、多くのことを吸収できる場であり、そんなところでワクワクしたい!と思ったのも大きな理由です。

●学生時代に1番熱中したこと

学生時代に1番熱中したことは、学生団体の活動です。東南アジアにあるラオスという国に教育支援をしている、全国約300人規模の学生団体に大学入学後すぐに入り、3年生では関西本部の代表も務めました。
ラオスにいる子供たちへ少しでも力になりたいと思って頑張っていたのももちろんですが、何より同じ団体にいる仲間のために頑張りたいという気持ちが私の原動力でした。
メンバーが団体に入ってよかったと思えるような団体作りを目指し、メンバーがやりたいことに挑戦できるような環境づくりを心がけました。
その結果、主催したチャリティーイベントでの利益が前年比の3倍、そして集客数が2倍と功績を残すことができました。しかしそれ以上に、メンバーからの「この団体に入ってよかった!」という声が私の1番の喜びであり達成感でした。

●内定者から見たNEWONE

就活をしている間、多くの方とお話をしましたが、こんなに私の思いや話すことに対して深堀りをして聞いてくれる会社はなかったと思うくらい、理解し向き合おうとしてくれる人が多いです。社内でも自然と相互理解をしっかり取っている人が多い会社だなと思います。
また、自分がしたいと思ったことに対し、全力で応援してくれる環境だと思います。私自身が社会人になる前に、学生に対して何かアプローチができる場を作りたいと思った際、快く応援してくださり、実際に同志社大学でワークショップを開催しました。形にする中で、多くのサポートのもと、たくさんの試行錯誤を重ね、自分にとって納得のいくワークショップにすることができ、とても良い経験になりました。そんな挑戦したいという思いにも応援してくれる会社です。

●NEWONEでこれからやってみたいこと

「自分と向き合って自分の進みたい人生に向かって前向きに働く人」をより増やしたいです。NEWONEで働いていく中で、少しでも働く人にとって変化が起きる場を作れるように、私自身も多くの人と真剣に向き合って、そんな人を増やすことに少しでも貢献できたらと思っています。
また、拡大期にあるNEWONEを作っていく過程にどんどん関われるように、多くのことを吸収しつつ、積極的に自分から発信していきたいです。会社が大きくなるこの貴重な時に関われることは責任もありつつ、とても楽しいことだと思います。まずは自分が関われるだけの土台をしっかりと作り、そして会社を支えていける存在となれるように頑張りたいです。

●就活生へメッセージ

就活は、自分の働く場所を決めるだけではないと私は思っています。自分がどんなことを大切にして、どんな人生を歩むか、そのためにどんな環境が適しているか。そんな人生を考える延長にファーストキャリアがあります。ぜひこの就活という良い機会に自分としっかり向き合って、自分が幸せになれるところを見つけてください。