働き方改革施策
簡易診断

当診断は、自社の状況や自身の問題意識を簡単に(20問強)答えると、働き方改革施策において、自社内でまず取り組むべき施策の方向性を、9パターンの中から出力されるものになります。
簡易な診断ではありますが、自社で取り組む際の参考にしていただければ幸いです。

※本診断では、個人情報の入力は一切ございません。また当社も回答内容以外は取得致しません。

働き方改革自体についてお伺いします。

Q1.働き方改革に対して、社員(職員)が前向きではないと感じる


Q2.働き方改革は「自組織の成長」に効果的である、とあなた自身は感じられていない


自組織の現状に対する問題意識についてお伺いします。

Q3.時間をかけて働くことが美徳であるという管理職がまだいる


Q4.離職率が以前より増えてきて、問題意識がある


Q5.社員(職員)全員が目指す方向に向かって一丸となっているとは感じにくい


Q6.職場内の互いの関係性において、率直な自分らしさが出せていないと感じる


Q7.同業等の他社と比べて、生産性が高いとは言えない


Q8.制度はあるものの、育休や時短が取りづらく、子育て等との両立が難しい


Q9.古い労働観があり、早く帰りたくでも帰りづらい雰囲気があると感じる


Q10.新卒・中途採用で、期待するほど人が集まりにくい


Q11.競合他社に勝るユニークな強みがあるとは言い切れない


Q12.新たなアプリ(社内コミュニケーションツール等)に対して苦手意識のある社員(職員)が多いと感じる


Q13.ダイバーシティが浸透して多様性ある人が働いている、とは言い切れない


Q14.会議の進め方や手続きの煩雑さなど非効率なことが多い


Q15.社員(職員)一人ひとりが、今取り組んでいる仕事に対して「やりがい」を感じている、とは言い切れない


Q16.一人ひとりにあった柔軟な働き方を実施するほど自組織は強くないと感じる


自組織で働き方改革の施策を行う上で、以下のような難しさはありますか

Q17.ベテラン社員(職員)がそういった推進に抵抗を示す


Q18.時間や場所などの融通が利きづらい仕事である


Q19.重い荷物を運ぶ等の肉体的(性別)制限がある


Q20.推進することが業績目標達成にマイナス影響がありそうだと皆が感じている


自組織の目指す方向性についてお伺いします。

Q21.そもそも働き方改革の施策を自組織で行う目的は何ですか

(近い順を1位、2位、3位でお答えください)


Q22.自分自身が作りたい組織イメージとしては以下のどれに近いですか

(近い順を1位、2位でお答えください)


Q23.自組織の規模を教えてください


あなたについてお伺いします。

Q24.あなたの役職を教えてください


Q25.あなたの年代を教えてください