◆こんな方にオススメ

・リーダーとして当事者意識が不足し、やらされ感がある
・日常業務に追われ、効率化ができず根本的な原因追及ができていない
・カイゼン活動の継続できず、成果に結びついていない

◆コンセプト

会社や組織の本質的な課題を見抜き解決する力を飛躍的に向上させ、
管理職として主体的・継続的に問題解決ができるようになる

◆対象

・30代~50代
・リーダークラス以上

◆ポイント

・A3思考術のフレームワークで問題解決を導く
・トヨタ流カイゼン体質の秘訣を理解し、実践できるようになる
・問題解決の具体的なプロセスまで明示化できる
・実際の社内の問題を扱い、カイゼン活動をしながら成果を出す

◆プログラム概要

・オリエンテーション 研修のねらい共有
・管理職・経営幹部の姿勢とは?
・改良とカイゼン業務(プロジェクト)の違い

・事例演習
①「A3思考術」の8ステップ
②現地現物の現状把握
③なぜの深掘りは問題の本質発見法
④適材適所で期限遵守
⑤視える化と標準化で業績UP

・自社演習
①自社の課題を具体的な目標設定にする方法
②業務プロセスを整理し現状把握
③「5つのなぜ」でさぐる根本要因
④部門横断のプロジェクトマネジメント
⑤人財の把握と引き出す仕掛け
⑥自社の売上につながる計画立案
⑦健全な危機意識、不況に強い経営
⑧経営者不在でも効果のある仕組み
・アクションプラン作成・発表

◆研修日数

<3回コース>
6ヶ月の期間に3回の研修を実施
(1回目:1日間、2回目:1日間、3回目:半日)

<1回コース>
1日間:概要とゴール設計、カイゼンプランの作成

◆得られる効果

・問題解決に至るプロセスを視える化できる
・抱える問題の本質を見出せる
・チームで取り組み確実な目標達成できる
・カイゼン思考が習慣化できる

◆受講者の声

・自分ならどうするだろう?と自問し来週から実際この方法で実践してみます
・他部署とチームを組むことでより活性化しました。部署間を超えて問題の共有ができました。
・現状把握を正しく行うプロセスが大幅にかわりました。
・残業時間短縮、品質向上など効果を数値化し視える化することでさらに展開したいと思います。

詳細は、こちらのPDFをご覧ください


株式会社エフェクトのHPはこちら

できる人はなぜ、「A3」で考えるのか? 株式会社エフェクト 代表取締役 石井住枝(著)

※本研修に関するお問合せはこちらから