#研修・ワークショップ

オンライン研修~エンゲージメント向上を通じて組織を強くする~

NEWONEでは、新入社員研修をはじめOJTトレーナー、若手・中堅社員、管理職研修まで、すべての階層においてオンライン化で研修を実施することができます。受講者に気づきを与えるメソッドを利用し、通常の集合研修と同様にオンライン研修も設計しています。

NEWONEでは、新入社員研修をはじめOJTトレーナー、若手・中堅社員、管理職研修まで、すべての階層においてオンライン化で研修を実施することができます。

◆オンライン研修に対する3つの不安

  1. 一方的に講義を聞く形になり、受講者が受け身になるのではないか?
  2. 操作が難しく、ついていけない受講者が出るのではないか?
  3. オンライン研修で、気づきや学びを生み出すことができるのか?

◆オンライン研修のメリット / デメリット

メリット
・場所を選ばず実施可能
ファシリテーターと受講者の距離感が近く感じ、質問しやすい
・チャット機能等を使うことで、クラス全体での意見交換ができる
・そのときの受講者の理解度や興味関心度合を把握しやすい

デメリット
・受講者の集中力を使うため、長時間研修には向かない
・グループで1つのアウトプットを作ることが困難であり、他者や組織の集合知をまとめにくい
受講者同士の心理的距離間が感じやすく、メンバー同士での踏み込んだかかわりが起きにくい

◆NEWONEのオンライン研修の特徴

受講者に気づきを与えるメソッドを利用し、通常の集合研修と同様にオンライン研修も設計しています。

【ファシリテーション】
・1人ひとりに入り込む×全体の場を創る

【設計基本ポリシー】
・受講者の“感情”をベースにした設計 (今の受講者にとって本当に必要な気づきに特化)
・3つの気づきをもとにした「揺らぎ」を起こす設計

◆実施イメージ

◆プログラム例(OJTトレーナー研修)

◆実施した受講者・人事様の声

<受講者様>
・自分が社会人として怠慢だったのがわかった。PCの前だから気を抜いていた自分がいたと思う
・チームメンバーと多くのディスカッションができて、自分の不足している点が良くも悪くも見えてきた
・端的に話す訓練を3日間やり続けて、自分でもだいぶ変化できてきているのがわかる

<人事担当者様>
・ブレイクアウトセッションで、受講者が本音で話すことができていてとてもよかったです
・集合研修よりも、受講者の生の声が拾いやすいですね。あと、顔と名前が一致しやすいですね 笑
・受講態度は想像していたよりも皆真面目でした。目を離せないからかもしれませんが、かなり集中していたのだと思います
・画面共有でスライドを見せるので、普段よりも詳細が見えて良かったです

◆導入事例

https://new-one.co.jp/work/case-032/

◆関連コラム

https://new-one.co.jp/column/150/

https://new-one.co.jp/column/155/

 

お問合せはこちら

風土や育成に関して、
新しいサービスを
お望みの方はこちら