#研修・ワークショップ

NEWONE

若手・中堅社員向けプログラム「Neutraise」

◆プログラム名

Neutraise(ニュートライズ)
Neutral(中立)+try+raise(高める、奮い立たせる、向上させる)
組織の中核を担う中堅社員が組織に依存せず、当事者意識を持ち、様々なことにトライして自分自身を高め、組織に進歩をもたらす

◆コンセプト

瞬発力だけを磨き上げた「優秀な作業者」から、
いかなる環境・状況でも成果を出せる「価値創出人材」へ。

◆受講対象

・組織に対して当事者意識がなく、他責になりがちな若手中堅社員。
・言われたことを言われた通りに遂行する「優秀な作業者」と化している(またはその道まっしぐらの)若手中堅社員。

◆プログラムの狙い

・架空の設定・状況で、実際に業務に取り組むことで、日々の業務を通して染みついた考え方や行動パターンを浮き彫りにし、自身の課題を明確にする。

◆研修効果

・自分自身が日々の業務において、いかに「目的やあるべき姿」を描いていないかを痛感する。
・目の前の作業だけでなく、視点を高く、視野を広くとらえたときに、行動が変わり、結果も変わるということを体感する。
・協力的でない他者に対して、「相手が動きたくなるような働きかけ」をすることの重要性と、働きかけにおける自身の課題を明確に理解する。
・人材の育成&採用を企画する過程で、「組織の人材育成&採用においては、目指す人材像を明確にし、組織全体で共通認識を持つことが重要である」と気づく。


◆プログラム概要

◆シミュレーションの概要

設定は、「とある医療機器商社の中堅社員」。
組織の状況は、ここ数年売上が伸び悩み、人が育たず、活力がない。
問題山積の現状に対して手を打つべく、「若手育成プロジェクト」と「中途採用プロジェクト」が発足。
各プロジェクトのメンバーとして、今の組織(会社)に必要な人材を育成、採用するための具体案を提案する。


◆受講者の声

・頭では分かっていても実際にはできていないことばかりだった。行動から学ぶことが多いと改めて思った。
・相手に気持ちよく動いてもらうためには「論理と感情」両方が大事という話が響いた。普段あまり相手の「感情」を重視していなかったので、これからは意識して働きかけていこうと思う。
・今の自分がまさに「優秀な作業者」になっていたことに気づき、悔しかった。今日から行動を変えていきたい。
・シミュレーションの中で、「中堅社員がいけていない。もっとこうするべきだ」と散々話していたが、それが自分に返ってきて、正直痛い気づきだった。


◆開発者の想い 

架空の設定や状況とはいえ、シミュレーションの中で考えたり話し合ったりする内容自体も、受講者の日常にそのままスライドさせられるようにしたい(受講者の学びにしたい)という想いから、組織の中の「人」を扱う「若手育成/中途採用」をテーマに選びました。
本気で、全力で取り組むことで、受講者の方にとって1つの転機となることを願っています。

 

お問合せはこちら

 

風土や育成に関して、
新しいサービスを
お望みの方はこちら