終身雇用、年功序列などの過去の日本型組織のあり方は変化しつつあり、
また、転職が当たり前の時代になってきたことにより、個人の働き方も変化してきている中で、
この先、組織と個人の関係性は、対等な関係になってくることが予想されます。

このような時代背景の中で、成長し続ける組織をつくるためには、
個人と組織や仕事のつながりを表す「エンゲージメント」を高めることは必須であると考えております。

では、どのようにすれば、自組織のエンゲージメントは高められるのでしょうか。

改めてですが、エンゲージメントとは、個人と組織や仕事とのつながりを表すので、
こうすれば、エンゲージメントが絶対高まるという正解はない中で、
どのようにすれば、自組織のエンゲージメントを高められるのか、
お悩みをかかえているご担当者様も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、「強い組織のつくり方意見交換会」と題して、
人事ご担当者様同士で、エンゲージメントを高める取り組みについての意見交換をしたり、?
体感型ゲームやさまざまなワークを通じて、自組織のエンゲージメントを高めるための阻害している要因や、
要因を踏まえての、今後取り組むべきポイントについて考えて頂くことで、
次に行うべき打ち手のヒントを持ち帰る機会になります。

是非、奮ってご参加ください。

◆こんなお悩みありませんか?

・自組織の離職率の多さに悩まれている方
・社員の組織に対しての強い貢献意欲が引き出せず、主体性を向上できずに悩まれている方
・組織のエンゲージメントを高めたいが、どのような取り組みをしたら良いかわからない方
・さまざまな取り組みはしているものの、エンゲージメントが上がらずに悩まれている方

◆ご参加対象

・人事ご担当者様
・経営・経営企画ご担当者様

◆セミナー概要

・今、なぜエンゲージメントが必要とされているのか?
「エンゲージメント・ゲーム」ご体感
・エンゲージメントを高める取り組みを考える

◆本セミナーで得られること

・エンゲージメントゲームを体感することで、エンゲージメントを高めるためのポイントを理解する
・他社と対話形式で進めることで、視野が広がる
・組織の現状を振り返り、次に行うべき打ち手のヒントを持ち帰る

◆ファシリテーター

株式会社NEWONE 代表取締役社長 上林 周平


大阪大学人間科学部卒業。
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。
官公庁向けのBPRコンサルティング、独立行政法人の民営化戦略立案、
大規模システム開発・導入プロジェクトなどに従事。
2002年、シェイク入社。企業研修事業の立ち上げを実施。商品開発責任者として、
新入社員〜管理職までの研修プログラム開発やファシリテーションを実施。
2015年より、株式会社シェイク代表取締役に就任。
前年含め3年連続過去最高売上・最高益を達成。
2017年7月、「和×人材育成」をコンセプトにした和の大学株式会社を設立。
2017年9月、これからの働き方をリードすることを目的に、
生産性向上やイノベーションなどを支援する株式会社NEWONEを設立。
米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー

◆実施概要

《日程》2020年 312日()(受付:13:45〜)開始:14:00 17:30

《会場》アクセア会議室 半蔵門
(〒102-0092 東京都千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル 6F )

《アクセス》
東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」1番出口 徒歩約1分
東京メトロ有楽町線「麹町駅」より徒歩約8分

《料金》無料

《定員》15名

本セミナーは終了しました!