NEWONE

「型にはめる」から「自ら気づき、自走する」新人研修へ −次世代型新人研修シミュレーション体験会−

「働き方改革」が加速する中、多様な働き方が当たり前となり、
日本人の「働く」という価値観も大きく変化してきています。

このような時代の中、新入社員の育成はどうあるべきなのでしょうか。

新入社員を育成していくにあたり、

「仕事で成果を出すために、必要なスキルを理解する」
「まだ出来ていないことを認識し、次につなげる」

こういった社会人としての基礎は、これからも必要であり、
成長していくための経験を付与することは、もちろん大事です。

一方、それと同じくらい、

「創意工夫し、チャレンジすることが面白い」
「自分から仕掛け、失敗を挽回して、価値を出すことが楽しい」

こういったポジティブな体験が必要なのではないかと強く思っています。
人は、「楽しい」「面白い」といったプラスの感情に対して、
またやりたい、もっとこうしたいと前向きに取り組むことができるものです。

これまで新入社員には厳しく接し、ある意味強制的に型にはめることで、
社会人としての厳しさや基礎を身に着けさせていました。

しかし、これまでのやり方では、メンタル不全や、離職につながることも増え、
かつ、変化の激しいこれからの時代を担う人材を育成することが難しくなってきています。

仕事のやりがいや働きがいが、これまで以上に求められてくる中で、
イマドキの新人を育てるには、社会人として求められることを体感するということに加えて、
“自らイニシアティブをとって行動することが楽しい”という体験をすることが、
重要なポイントになってくると思っています。

これから社会人となる彼、彼女らにとって、「仕事が面白い」「働くことが楽しい」という価値観で、
社会人生活をスタートすることで、本当の主体性が発揮され、
これからの世の中に必要とされる価値が生まれてくるのではないかと思っています。

今回の体験会では、新人研修の一部をご体感いただくことで、
仕事を主体的に取り組む難しさと楽しさを体感することで、新入社員が自ら気づき、
主体的に学ぶ仕組みをご紹介させていただきます。

人事ご担当者様、研修企画ご担当者様、新入社員育成ご担当者様は、
ぜひ、ふるってご参加ください。

■こんな方にオススメ

・新入社員が受け身的で主体性がない
・新入社員の責任感や当事者意識が薄い
・これまでの型にはめる新人研修に疑問を感じている
エンゲージメントを高める新人育成をお考えの方
・知的生産性が求められる職種の方

■セミナー概要

・これからの新人・若手育成に求められること
・新人研修シミュレーションご体感
・主体性を引き出すために必要なポイント
・労働観の変化とこれからの働き方

【ファシリテーター】


株式会社NEWONE 
コンサルタント 小野寺 慎平(Shimpei Onodera)
大学卒業後、(株)シェイクに入社。
企業の人材育成や組織開発のコンサルティングを行う。
2018年1月(株)NEWONEに創業メンバーとして参画。
「個人と組織にとってより良い働き方を探求する」をテーマに
新商品開発、マーケティング、組織開発コンサルティング、
研修やワークショップのファシリテーターなど多方面で活動中。
2018年3月よりグループ会社のOriginal Point(株)に参画。
「時代にあったキャリア開発」をテーマに
学生向けキャリア支援やイベント企画などを行っている。

※関連記事は以下です

【開催概要】

《日時》2018年1024日(
受付開始:13:15 開始:13:30 (17:30終了予定)

《会場》ベンチャーデスク銀座 5階 
(〒104-0061 東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル)

《アクセス》東京メトロ「銀座駅」A3出口 徒歩5分
都営浅草線/日比谷線「東銀座駅」4番出口 徒歩2分

《料金》無料

《定員》12名(お申込先着順)
※お席に限りがございます。お早めにお申し込みください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]