本レポートは、20代〜50代の男女515名を対象に行った調査から、「働き方改革」の推進における現場社員の意識や推進の実態について、企業規模別、役職別に特徴をまとめています。

「働き方改革」推進の実態と現場のジレンマ -企業規模、役職別の実態調査-


昨今、叫ばれている「働き方改革」という大きな変化の波。 「人生100年時代」「長寿化」「一億人総活躍」など、様々なキーワードを目にします。 少子高齢化に伴う労働人口の減少や、労働環境へのニーズの多様化を背景に、 今、多くの企業は「働き方改革」の実現に向け、本格的に取り組み始めています。 このような中、 企業が生き残り成長していくためには、組織力を高めること、 多様な働き方を認め、従業員が意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが求められています。 本レポートでは、「働き方改革」の推進における残業時間の削減や労働生産性の向上において、 現場の実態と、働く個々人が感じているジレンマについて、企業規模別、役職別で調査しまとめました。 この先、確実に変化する「働く」ということに対しての価値観。 待っているのは、気楽な働き方というよりも、個々人が自分の能力開発やキャリア開発に責任を持ち、自ら仕事に対してイニシアティブをとり、価値を創出することが求められ、「働く」ということに対して大きな格差がみられるようになると思います。 現段階における「働き方改革」推進の実態と現場のジレンマについてお伝えいたします。 ぜひ、以下よりお申込ください。 ◆目次 P2 調査概要 P3 「働き方改革」推進をどのように捉えているのか? P4 「働き方改革」推進状況の実態(企業規模別) P5 職場はどのようなジレンマを抱えているか? P6 【参考】職場はどのようなジレンマを抱えているか?(企業規模・役職別) P8 「生産性向上」のために実施していることは? P9 まとめ

企業/組織名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)