●プロフィール

山口 陽輝(やまぐち はるき)
産業能率大学 経営学部 経営学科

●NEWONEに入社を決めた理由

私はいかに「特別な存在でいられるか」を自分軸として生活しています。
いわゆる普通の就職活動は、複数社受け、内定をもらったなかで自身が1番納得する企業を選ぶものだと思います。しかし、普通の就職活動を行うと、周りの学生と同じで特別ではないと感じていました。
そんな私が最初に受けた企業がNEWONEでした。そして社員面談や社長面接を経て、無事内定をもらいました。1社しか受けていない私に友人や大学の教授、親は「複数社受けないと比較できない」と勧めました。
しかし「複数社受けると特別な存在でいられなくなってしまう」と感じたこと。
また社員の方々は口を揃えて「働くことが楽しい」と言っており、「こんな人たちと一緒に働きたい」と思えたことが、NEWONEに入社を決めた理由です。

●学生時代に1番熱中したこと

私が学生時代に熱中したことは、高校生の進路支援をする学生団体の活動です。主に大学のオープンキャンパスの企画・運営を行なっており、私は団体の代表を務めていました。
代表を務め始めた当初は、オープンキャンパスの満足度がなかなか目標に達しなかったです。その原因は学生スタッフのモチベーション低下にあると考えた私は、学生スタッフと個人面談を行い、それぞれに合った目標設定を行いました。
すると、後輩スタッフは目標に向かい、努力するようになり、また自ら率先して提案するという個人面談前には想像もつかない行動も出てくるようになりました。結果としてオープンキャンパスの満足度も上がり、目標達成ができました。
目標設定というちょっとした行為により、人が変わっていく様子を見られて嬉しかったですし、今後も人が変わるプロセスに携わりたいと思いました。

●内定者から見たNEWONE

私から見たNEWONEは、個性や1人ひとりが感じていることを大切にしてくれる企業だと思います。私が心の底で感じているまだ言語化できていない想いを、対話を通して引き出そうとしてくれたり、私がどんな社会人になりたいのかをベースに、内定者としてのインターン内容を一緒に考えてくれたりと、若手にとっても働きやすい環境だと思います。
またオフィスでは週末の予定の話や、社員の誕生日を祝ったり、仕事以外のコミュニケーションもあり、プライベートでの関わりが非常に多いのも特徴的です。
もちろん仕事にも全力投球で、現状に満足せず、より高い価値を提供するために、楽しく働いています。

●NEWONEでこれからやってみたいこと

私は学生向けにキャリア支援を行なっていきたいと思っています。その原体験となっている出来事があります。
私の高校は柔道の強豪として有名です。幼い頃から柔道一筋の彼らはスポーツ推薦で大学を決めていました。
しかしスポーツ推薦で入学すると、自分の興味が湧かない学部に入学しなければならない場合もあり、入学後に学業で苦しむ友人を見てきました。なかには「スポーツのせいで、キャリア選択の幅を狭めてしまった」と努力したことを後悔してしまう友人までいました。
そこで私は、自分の努力したことに対し、自信を持てる人を増やし、キャリア形成に前向きな学生を増やしたいという想いからキャリア支援を行いたいと思っています。

●就活生へメッセージ

就職活動中の選択は向こう数年の人生を決める可能性が大いにあります。
そんな選択だからこそ苦悩するかもしれません。
しかしその悩みは成長痛の1種であり、
「苦しい時ほど前進している。」
私はそう信じています。
自分が1番納得のいく形で就職活動を終えることを祈っています。