日本において「働き方改革」が叫ばれる中、年功序列・終身雇用・新卒一括採用・過重労働のスタイルは変わっていくことが予想されます。

その先にあるのは、気楽な働き方というよりも、個々人が自分の能力開発やキャリア開発に責任を持ち、自ら仕事に対してイニシアティブをとり、価値を創出することが求められ、「働く」ということに対して大きな格差がみられるようになると思います。

この変化に対して、各企業単独で対応することだけではなく、社会インフラとしての整備や大学卒業までに意識改革など、多様な領域において変革が必要であり、それらを推進していく必要性を感じています。

我々は、そういった変化に対して、個人や企業を支援していく存在でありたい。

そして、様々な価値が創出される社会を作りたい。

それを目指すプロセスを通じて、

一人でも多くの人が仕事を楽しい、人生が充実している、と感じる世の中を作りたいと強く思っています。

株式会社NEWONE
代表取締役社長
上林 周平

【プロフィール】
大阪大学人間科学部卒業。
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。

官公庁向けのBPRコンサルティング、独立行政法人の民営化戦略立案、大規模システム開発・導入プロジェクトなどに従事。
2002年、株式会社シェイク入社。企業研修事業の立ち上げを実施。その後、商品開発責任者として、新入社員~管理職までの研修プログラム開発に従事。
2003年より、新入社員~経営層に対するファシリテーターや人事・組織面のコンサルティングを実施。
2015年より、株式会社シェイク代表取締役に就任。前年含め3年連続過去最高売上・最高益を達成。
2016年、若手からのリーダーシップを研究するLeadership Readiness Lab設立し、代表に就任。
2017年7月、「和×人材育成」をコンセプトにした和の大学株式会社を設立。
2017年9月、これからの働き方をリードすることを目的に、生産性向上やイノベーションなどを支援する株式会社NEWONEを設立。
米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー