2019年1月23日に、管理職・主任クラス以上を対象とした他流試合を実施させていただきました。
この他流試合は、昨年9月に初開催してから、おかげさまで第4回目をむかえることができました。

トランスコスモス様、日立システムズ様、マルエス様をはじめ、5社12名の方にお集まりいただきました。
これからの時代に求められるマネジメントスタイルや、部下育成の課題、1on1や自社取り組みについて対話する機会を提供させていただきました。
 

自社の取り組みや状況を、グループメンバーへ話すため、改めて自分の考え方を整理できたり、他者(他社)との違いを理解し、そこから新たなヒントを得ることができたりと、今回もご参加いただいた皆様同士で学び合う機会をつくっていただきました。
 
この他流試合に参加することで、自社に価値を持って帰りたいという方や、職場のストレス度合いが高く、どういうマネジメント、チーム作りをしていくべきなのかを悩んでいる方、働き方改革が進む中、多様な部下たちのマネジメントに悩む方など、管理職の悩みは尽きることがなく、毎度のことながら話が途絶えませんでした。
 
そんな悩み多き管理職の皆様にとって、この他流試合が少しでも何かのお役に立てたら幸いです。

★ご参加者様の感想・気づき(一部抜粋)

・異業種だからこそ当たり前が違って面白い
・社内でもこのような本音を言い合うコミュニケーションが取れるようになりたい
・エンゲージメントの大切さと、高めることの難しさ
・「ほめる」ことの重要さ
・心理的安全性の不足が引き起こす事象が、重要なヒントになった
・自社の状況を説明する中で、改めて自社・自分の強み弱み、課題に気づくことができた
・他社の取組みやイノベーション内容など参考になり実践したいと思った
・ゲームを通じて、業績を踏まえた人事戦略が必要という気づきがあった

★講座満足度(5点満点):4.83


この他流試合は、管理職、主任クラス以上の方も対象となります。
個人で受講してみたい方も歓迎しておりますので、ぜひ、ご検討いただければと思います

ご好評につき、同内容で3月13日の開催も決定しましたので、
ご興味ある方は、ぜひ以下よりお問合せください。
https://new-one.co.jp/lecture-20190313/