#コラム

<本音対談企画?>社長 × 新入社員 NEWONEについて本音で語り合いました(前編)

こんにちは。NEWONEの館越です。

前回、採用担当者(澤野)と新入社員3名(阿部、館越、養會)が本音対談を実施し、
「今のNEWONEとは?」「新入社員に対する期待」「新入社員の仕事観」など
全て本音で語り合いました。(前回の対談はこちら

今回は、本企画第2弾と致しまして、代表(上林)と新入社員3名による本音対談を実施致しました。
「自社の強みや課題」、「未来のつくりたい世界観」などざっくばらんに対話しました。
ロング対談となりましたので、前編・後編に分けてご紹介していきます。今回は前編をご覧下さい。

仕事でどんな瞬間にワクワクする?


阿部:まずは、みんなで自由に意見を話す場にしたいと思います!
「仕事をしていて、どんな瞬間にワクワクするか」について話せればと思います。

まず、私から言います。「自分が面白いとか、この人熱くて想いがあるなと思う人と働くことにワクワクします。この間、某企業の女性の人事の方とお話している際、
「女性が活躍する環境が今の会社にはないから、その環境をつくり、自分が結婚して子供ができてもこの会社で働きたい」と仰っていて、すごくかっこいいなと思いました。その目標ができてから、この会社を変えようというモチベーションがさらに上がって、ワクワクしながら仕事をしています。

上林:“熱さ”は色々あるけど、何に対して熱いのが良いの?

阿部:なんでもいいです。自分がやっていることに対しての責任感や自分を持っている人が良いですね。

館越:中途半端な人とは働きたくないってこと?

阿部:何も求めてない人たちの心を動かすというよりは、熱い想いを持った人の役に立つのが好きだなと思います。勝手なイメージで、大企業の方々は、そんなに熱い想いを持って仕事をしている人はいないと思っていましたが、熱い思いを持った人もいることに嬉しさを感じました。

館越:私は対社内、対社外関係なく、誰かの役に立つのが好きですね。自分が行動を起こしたからこそ、少しでもプラスの影響を周りに与えられる仕事に携わっている瞬間にワクワクしますね。ちょうど今、ある企業の研修コンテンツを開発していますが、このコンテンツによって、受講者の方々の意識や行動が変わる瞬間を見たら、もっと開発が楽しくなると思います。ただこれから、何度もワクワクする瞬間は変わっていくと思っています。

養會:館越と一緒ですが、誰かのために仕事をすることにワクワクします。
ある企業に訪問した時ですが、人事の方に「NEWONEってすごくいい会社ですね」と言われて嬉しかったのと、自分で開発したコンテンツで受講者の意識や行動が変わる瞬間を見られたらもっと嬉しいだろうなと思います。自分の仕事に価値があると感じる瞬間をつくりたいなと思います。

上林:なるほどね。私は3つあって、1つ目は、自分ならでは感がある仕事が好きかな。
自分しかできないとか、この会社でしかできない仕事と思って仕事をするのが好き。
お客様とお会いしている時に、「これは自社しかできないのではないか」と思う瞬間とか、自分の強みとか、自分しかできないという誇りをもってアウトプットを出すのが好きだな。

2つ目は、自分よりもいいなと思う才能が発揮される時、ある側面からみたら私が楽になると思う気持ちもありつつ、「こいつ自分より才能があるな」と思って、活躍していくのが良い。例えば、働き方改革ゲームのファシリテーションとかも、新卒3人、宇野さん、はるかさんのほうが自分より上手いと思うし、HRアワードのゆかりさんの文章もすごく好きだし、個人の強みを活かしている瞬間を見るのが良いね。

3つ目が、会社が積みあがっていく感じがすごく良い。毎月、成長を感じる。商品もすごく増えているし、ホームページのPV数もどんどん上がっている。来年の4月は、新卒3人からしたら考えられないくらい楽な環境が整っているだろうね...(笑)

今のNEWONEの課題とは?


阿部:有難うございます。次はもう少し議論になるようなテーマにしたいと思いますが、
「今のNEWONEの一番の問題点」などありますか?
こういうところをもっと伸ばしたいという話をしたいです。

館越:私もたまにありますが、「本気に仕事している瞬間」と「本気になれない瞬間」がまだまだあるなと思います。定量的な目標はあるので、達成に向けて頑張りますが、もう少し全体として、本気になれるようなNEWONEのビジョンが固まるといいなと思っています。

上林:昨日もちょうど考えていたけど、目標数字は目的ではなく、あくまで基準だから、その先にある世界観も一個ではなく、みんなで日々語りあえる世界観がいいなと思う。自分もそういう話をしたいけど、みんなが語り合う世界観にまだなってないのが現状だよね。

館越:色んな価値観がある中で、みんなが1つのビジョンの近くにいるという感覚になるのがいいですね。

阿部:僕もすごく思っていて、以前上林さんが2期の目標を立てたときに、「どれくらいの人が上林さんと同じ視点で見ていたかな」と思いました。約20人しかいない会社で、いつでも社長と話せる環境があるのに、上から降ろされたことだけやっているのはもったいないなと思いました。自分なりの感度を持って、コミュニケーションを取りに行って、これからの組織に対して、全員が主体的になるにはまだまだだなと思いました。まだ、上林さんから降りてきたものを追いかけているのが悔しいです。

館越:そんな中、全員が新しいクライアントを持つという目標はすごくいいなと思いました。

上林:その思想の背景は、「もう少し1人ひとりがプロとして社外の人とつながりをもってほしい」というのがある。全員が、専門家とかお客様とつながりまくっているのが良い。全員が会社の代表という意識を持ってほしい。それは、1年目も40歳も関係ないから、1人ひとりが会社の代表として外とつながる環境にしたい。

養會:僕はちょっと違うのですが、『NEWONEといえばこういう会社!』というのがまだないなと思うし、全員がそれを語れないところだと思っています。我々にも似たようなサービスを提供している競合がいる中で、“NEWONE”の色をつくっていきたいと思います。

上林:そう言えば、この前の全社会議で「NEWONEの3年後はこう言われていたい」みたいなのは、みんな何を描いたの?

楽しんで、一流の仕事をするプロフェショナル集団たれ


館越:私は、色んな人に「NEWONEで働きたい」と言われたいと書きました。

上林:それすごくいいよね。

養會:その時の話し合いでは「NEWONEはこういう会社だよね!」と言われていたいと書きましたが、今は、「NEWONEという会社に対してのファン」をつくりたいですね。
NEWONEという会社があったから、「私たちの会社はもっと成長しました」などの言葉を頂けるように、NEWONEの価値が世の中にもっと広まればいいなと思います。

上林:それだったら来年には、全クライアントを呼んで感謝会みたいな企画ができたらいいね。

3人:やりたいですね。

養會:感謝会をやるためには、我々3人ももっと頑張らないとですね。

館越:NEWONEで働きたいと思ってもらうためには、NEWONEの中でも、新しい働き方を常に模索していかないといけないなと思います。制約とか、法律的に難しいところはあるかもしれませんが...

阿部:その辺の仕事観とか労働観をしっかり決めていかないといけないですよね。
今、金曜日はフレックス制度がありますが、これを自由にしすぎたら、「楽そうだから」だけで入ってくる人もいるかもしれないよね。

上林:メンバー紹介のトップメッセージにもあるけど、この感覚が大事だよね。(メンバー紹介はこちら

前提として全員がプロで、バリューを出す集団だから、楽しく自由にできる。“楽”したいからだけだと、一気に風土が壊れそうだよね。今のメンバーだけでなく、これから色んな人が入ってきても上手くいく制度を作らないといけない。今のメンバーだけなら放っておいても勝手に風土は良くなると思うけど、常に新しい風を入れていくことも大事だからね。

養會:ちなみに、どんな人に入社してほしいというのはありますか?

上林:中途なら経験豊富の人がいいね。組織に新しい人が入って初めて、見えてくるものもあるから、人を採用するのは大事だと思うし、今のメンバーへの刺激にもなるからいいと思う。そのために、制度を整えて、みんなにとっていい形になればいいよね。

阿部:人が増える経験をしたことがないから、あんまりイメージつかないですね。

上林:中途を入れることが目的ではなくて、外にオープンである会社をつくっていきたい。そういう意味で、1人ひとりが外とつながっていることが大事だし、定期的に外から入ってきてほしい。

阿部:中途社員は、NEWONEで働きながら、違うところでも働いているような人でもいいですか?

上林:いいと思う。そういう働き方とかもありだね。だから、ある意味そういう働き方をNEWONEでしてみたいと我々が思わせられる会社にしないといけないよね。
そういう風土が大事で、これをつくり切りたいなと思っている。

後編に続く・・