#コラム

社会化から打破するには

こんにちは。NEWONEの養會(ようえ)です。

突然ですが、みなさんは
「会社に染まったなぁ」「組織人になったなぁ」と思った経験はありますでしょうか。

先日、大学時代の友人と飲みに行く機会があり、お互いの仕事の話になりました。
どんな仕事をしているのか、自身の成長度合い、会社の風土、キャリア観などさまざまな話しをしていく中で、友人の会社とは、業界も規模も風土も大きく違いましたし、働いている人も違うわけですから、当たり前ですが、全然違う働き方、成長の仕方をしていました。

その中で、自分自身が「社会化※」されている部分があるということに気付きました。
会社に少し染まっている、自社の基準が自分の基準になっている、自社の考えが当たり前になっているという言い方もできます。
※社会化とは、個人が所属する集団の成長として必要な、規範・価値意識・行動様式を身につけること

社会化することは良くも悪くもあると思っています。
いい例としては、早くから戦力化をするのであれば、一定の組織に対する社会化があったほうがいいかもしれませんし、また、社会化が全然なかったり不十分な場合、職場の環境に適応できでいない状態で働いている可能性があります。
新人であれば、社会人としての基礎ができたという見方もできるかもしれません。

一方で、組織の当たり前が自分の当たり前になっているので、自社の当たり前を疑うということが難しくなります。相当意識し続けないと、知らない間に自分の常識が塗り替わり、考え方や価値観が変わってしまいます。
新卒採用をして、「組織に新しい風を」と言われるのはこういった背景が多かれ少なかれあるからです。

個人や組織をより良くしていくためには、常に変化をしていく必要があると思います。そうした時に、自社という視野だけでとどまることなく、外とふれあい、違いを知ることが大事だと思います。

では、社会化しないためには、どうしたらいいのでしょうか。

まずは、常に「いま、自分が常識として考えていること」を疑うことが大事だと思います。しかし、常に常識を疑うことはたやすくないので、定期的に視野を広げる経験が大事です。
そのために、自分の組織とは別の居場所を作ることが大事だと思います。一つの組織しか知らなければ、その場の常識が、あなたの常識になってしまう。でも複数の場を持っていたら、常識がいくつもあることに気づき、自分自身にとっての『当たり前』を壊すきっかけになってくれるのではないでしょうか。