#コラム

人生のありたい姿を考える

こんにちは。NEWONEの山田です。
日々感じたことを“描い”ていこうと思います。

先日、ある企業様の中核人材であるリーダー層の研修を行いました。
そこでは求められる理想の姿をはじめ、
リーダーシップとは何たるかを様々なActivityを体験しながら、
自分自身と向き合って頂く時間でした。

参加者のある方が、こんなことを最後におっしゃいました。

業務におけるありたい姿は、上司とも確認しあっているし、
今までの仕事でも描くことはしてきている。
しかし、30半ばになるが、
自分の人生のありたい姿を考えたことは一度もなかった。

また、ある方はこうおっしゃいました。

自分の仕事の進め方のスタイルは、陸上で例えるなら、
短距離100メートル走を何本もスピーディーに行っている瞬発力勝負であった。
今回のように、くどいほど何度もありたい姿が何なのかを考え続けることは、
未だかつてなかった経験だった。1日で飽きてしまい、もう毎日嫌だった。
しかし、終わってみて今、その大事さがわかった。

人それぞれ、生きてきた背景をも違い、
同じ経験をしたとしても感じることは様々です。

参加者の皆さんの率直な感想から、
自分自身がこうありたいと望む姿を描くことのパワフルさを
改めて感じ取ることが出来ました。

一人ではなかなか考えることが出来ないことでも、
仲間同士で影響しあい、相手と自分自身との違いを感じ、
最終的には自分自身に響くものが結局、身体に染み入るように残ります。

研修をファシリテートさせていただく中で、
様々なテーマや目的をもって実施させていただきますが、
どのようなものであったとしても、
「自分自身がどうありたいか、どうしたいのか」の問いが残るものですね。

自分自身が何のためにこの世にいるのか、自分の使命は何か、
改めて考えてみてはいかがでしょうか。

 


■プロフィール
山田 静香(shizuka yamada)
大学卒業後、大手人材サービス会社にて法人営業・秘書・経営企画を経験後、
営業部門マネジメントに携わる。
2006年シェイクに入社。リーダーシップ開発・組織開発プログラム等のファシリテーションを実施。
エグゼクティブ(パーソナル)コーチングやシステム(関係性)コーチングアプローチでの
組織開発なども実施している。また、管理部門責任者としても組織運営に携わる。
現在は、シェイク・NEWONEファシリテーターとして活動しながら、
可能性の開花を意図するBloomingColorを設立し、人々のそれぞれにもつ色が
表現されるための支援(パステル曼荼羅アーティストとしてワークショップの開催や
フラワーエッセンスセラピスト)も行っている。