ワクワクの正体

こんにちは、NEWONE内定者の山口です。

私は小学2〜6年生まで地元のサッカークラブに所属していました。
始めて間もない頃はボールを遠くに蹴ることもできず、なかなか試合でも活躍することができませんでした。
上手くいかないことばかりで、すぐに面白くなくなってしまい、練習に行くのも憂鬱でした。

しかしコツコツと練習を続けて、1年も経つと少し上達してきて、初めて試合でゴールを決めることができました。

それ以降、サッカーをしている時はとてもワクワクするようになりました。
その後サッカーが大好きになり、高校3年生までサッカーを続けていたのですが、
つい先日、サッカーをしている時と同じようなワクワクを感じる体験をしました。

私は12月下旬に大学2,3年生を対象にセミナーを開催しました。

人生100年時代ゲーム「MIRAIZ」という20代から70代までの人生を疑似体験して、
変化が激しい時代でキャリア形成をする際、何が大事なのか、
日々の選択が自身のキャリアにどんな影響を与えているのか、
について考えて頂く、キャリアをテーマにしたセミナーでした。

セミナーが始まる前はとても緊張していたのですが、
話し始めると緊張も解け、滞りなく終えることが出来ました。

弊社でインターンを始めて2か月半が過ぎ、
毎日うまくいかないことばかりで日々自分の非力さを痛感していたのですが、
私の2か月半から得られた知識を、セミナーという形でアウトプットする貴重な体験ができました。

伝えたかったことが伝わり、新しい気づきを得てイキイキとされている参加者の方々の様子を見ていると、
「2か月半は無駄ではなかった」「自分にも価値提供はできる」と感じ、とてもワクワクしました。

上手くいかなくても必死に練習して、初めて試合でゴールを決めることができた日から感じたサッカーをしている時のワクワク。
わからないことが多くある中で、よりよいセミナーのために努力をし、実際に価値提供ができたと感じられたときのワクワク。
事の大小は違いますが私が感じたワクワクは、達成経験から得られる「自分はできている」という自己効力感でした。

自己効力感を高めるには、
私が経験した目標達成をする達成経験や、
自分に能力があることを承認される社会的説得、
誰かの目標達成を観察することで起きる代理体験、
その時の感情や体調によって変化する生理的・感情的状態等の要因があります。

これまでの私は意識せずに自己効力感を高めることができていましたが、
どんな行動・経験をすれば自己効力感を高められるか意識することが重要だと思います。

特に社会人という新たな環境に身を投じる際は、知らない・できないことばかりなので、
達成経験を積むことが難しく、自己効力感が低くなりがちだと思います。

そんな環境でも、自己効力感を高い状態で保ち続けられるよう、
その時の自分には、どうやって自己効力感を高めるのが最適か考え、
ワクワクした日々を送りたいと思います。

関連記事

  1. エンゲージメントの高い会社と低い会社

  2. 「働き方改革」時代の管理職が持つべきビジョン(4)

  3. おかん

  4. とにかく楽しい。仕事って楽しいんだな。

  5. 金曜日のNEWONE

  6. 組織サーベイ・フィードバックの質を高めるために必要なこととは?

人気のコラム

事例紹介

「NEWONE」メールマガジン

企業名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

◆個人情報取り扱い
株式会社NEWONE(以下「当社」と言います)は、ご提供頂く個人情報を以下のとおり取り扱います。

1.利用目的について
当社は個人情報を、ご登録頂いた個人情報を、メールマガジン配信のために必要な範囲で利用致します。個人情報をご提供いただけない場合、目的を遂行できない場合がございますので、ご了承下さい。

2.個人情報の取り扱いについて
当社はご提供頂きました個人情報を上記利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つように努め、不正なアクセス、改竄、漏洩などを防ぐべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。ご提供頂きました個人情報は特定の場所にて保管し、原則として返却致しません。

また当社は、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することはございません。但し、当社が運営するウェブサイト(new-one.co.jp)では、セキュリティ確保・ユーザビリティ向上のため、アクセス・利用状況(個人情報を含みません)をCookieにより取得しています。Cookieの設定については、各ウェブブラウザのヘルプメニューをご確認ください。

3.個人情報の第三者への提供
当社は、以下の場合を除き、第三者へ提供致しません。
(1)法令の規定により開示が要求された場合
(2)人の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
(3)公共の利益を保護するために必要な場合

4.委託などの管理
個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。

5.個人情報の開示等について
当社に対してご提供頂いた個人情報に関して、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止(以下「開示等」と言います)を求める事ができます。
個人情報の取り扱いに関する苦情及び開示等の申し出は、個人情報相談窓口まで、電話かメールにてご連絡下さい。当社の手続き規定に従い、対応致します。

個人情報相談窓口:株式会社NEWONE 個人情報保護管理者
(管理部門/取締役 tel:03-6261-3514 maill : info@new-one.co.jp)

上記に同意します