あたらしい自分の顔

こんにちは。NEWONEの山田です。
日々感じたことを“描い”ていこうと思います。

昨年、ある企業様の人事制度の大改革に伴い、
全国主要都市を巡る自己変革ワークショップに携わらせていただきました。

「外部環境の変化に伴い、人事制度を変更しました。皆さんよろしくお願いします」
「はい、頑張ります」

そう簡単にいかないのが人間ですよね。

今までと違うことが起きる、違うものがそこにある。
“変革” “改革”には、さまざまな感情が伴います。

立ち止まり、じっくりと自分の感情を味わい、
そしてその背景にある自分の願いにも向き合い、
自分の内なる声からどのような人生を描きたいのかを
一緒になって感じ考えるワークショップの時間でした。

20代からあと数か月で定年だという定年間近の方まで、
さまざまな状況の皆さんがいらっしゃいました。

ひとり一人の人生はもちろん全く違います。
ただ、“現在、同じ組織にいるという選択をしている”という共通点がある。

自分自身について、
いくらでも一人で考えることが出来る人も、もちろんいると思うけれど、
やっぱり自分一人ではなかなか自分の想定内の思考までしか広がらない。

他者との対話から、他者と自分の物事の捉え方の違いから
自分自身のことを知り、自分自身の良さや伸びしろにも気づいていく。
ときに、ふと涙があふれたり、誰かの言葉に癒されたり、
勇気をもらったり、皆さんの表情がくるくると変わっていきました。

自分自身の新たな一面に気づく時間となっていきました。

多くの方が、帰り際に私に声をかけてくださったのが印象的でした。
「最初は参加することに不安しかなかった。でもとても楽しかった。
そう思えたことも、うれしかった」と。

このひとつのワークショップという機会で、
自分自身と向き合うことで見えてきたあらたなる自分の顔が見えたようです。

私自身や私の家族のことについてなど、私もたくさん話をしました。
多くのことに向き合わせていただいたこの機会は、
私にとっても新たな一面に気づかせていただく、感謝あふれる時間となりました。

改めて、このような機会をいただきありがとうございました。

 


■プロフィール
山田 静香(shizuka yamada)
大学卒業後、大手人材サービス会社にて法人営業・秘書・経営企画を経験後、
営業部門マネジメントに携わる。
2006年シェイクに入社。リーダーシップ開発・組織開発プログラム等のファシリテーションを実施。
エグゼクティブ(パーソナル)コーチングやシステム(関係性)コーチングアプローチでの
組織開発なども実施している。また、管理部門責任者としても組織運営に携わる。
現在は、シェイク・NEWONEファシリテーターとして活動しながら、
可能性の開花を意図するBloomingColorを設立し、人々のそれぞれにもつ色が
表現されるための支援(パステル曼荼羅アーティストとしてワークショップの開催や
フラワーエッセンスセラピスト)も行っている。

 

関連記事

  1. 若手社員の差が出るポイント 〜逆算思考?〜

  2. 「新入社員こそ、会社の道を切り拓け」

  3. 働き方改革のその先を創る

  4. 大切なのは、君が照らされて、君が照らしている。ということ

  5. 研修オンライン化で高まる新入社員の成果意識

  6. 「働き方改革」時代の管理職が持つべきビジョン(2)