<本音対談企画①> 採用担当と新入社員が本音で語り合いました

こんにちは。
NEWONEの養會(ようえ)です。

今回はいつもと違う形で、本音対談というものを実施してみました。
NEWONEに入社した新入社員3名(※以下 阿部、館越、養會と記載)と採用担当(以下澤野と記載)とで、今のNEWONEとは?新入社員に対するこれからの期待とは?仕事観などざっくばらんに本音で語り合いました。

澤野から3人に聞きたいこと


澤野:すごくシンプルな質問だけど、仕事楽しい?

館越:楽しいけど、ワクワクはしていないって感じですかね・・。
1人で、お客様のところに行かせて頂いたり、ファシリテーターをやったり、採用をやったりとやりたいことができている環境にあるし、日々できないことができるようになって、成長している感覚があるのはすごく楽しいと思う。
一方で、まだ自分の力で対社会、対お客様に価値を出したという経験をしていない分、本当に自分のやってることは世の中のため、お客様のためになってるのかなぁと思うとまだワクワクはできてないですね。

養會:私は、ワクワクしている。でも楽しい?という言葉ではないですね。
人によって、言葉の捉え方は違うと思いますが、私にとってはワクワク=しんどいこと、辛いことがあっても、もっと頑張りたいって思ったり、やり切りたい、成し遂げたいって思うものがワクワクしている感情なので、仕事はこの感覚がすごく強いと思います。
なので、楽しいというよりもワクワクしているという感じですね。

阿部:養會と似てるんですけど、日々の仕事一つひとつに楽しさはあまりないですねぇ。でも、将来、就活生と企業のマッチングサービスを作りたいという夢の種を育てている感覚はすごくあるので、それはワクワクします。
もっと言うと、新しいものを作って、成功する。このプロセスを学ぶこと、会社の枠を活用して身分相応以上の経験ができることで色んな気づきがあることなど、将来につながるだろうなぁと思うとワクワクします。

澤野:なるほどね。しんどくても頑張れる原動力って何から来てるの?

館越:「楽しく働ける社会をつくりたいし、若い子が会社に行くのをしんどい、行きたくないと思っている今の世界を変えたい」この思いがあるからですかね。
この世界観をつくっていくためには、自分自身まだまだ今の力のままだと、何もできないと思うから、もっと成長したいという想いから頑張れます。

養會:館越が言っていることは私も同じ意見で、付け加えてNEWONEという会社がすごく好きだなぁと思っています。
このメンバーと一緒に「働くをワクワクできるような世界」をつくりたいと思いますし、「お客様のために本質を追求する」という考え方を大事にしている人が多いこの会社がすごく好きだから、もっと大きくしたいなと思います。

澤野:ちなみに、入社してから、あれ?思ってたよりこの会社こうだなみたいなギャップってあるの?

館越:1つだけあるんですけど、スタートアップ=裁量権がすごくあって、成長できる!っていうイメージだったのですが、仕事が何も無いというのは衝撃でした。
何をするにも作っていくことから始まることが多く、会社を作っていく、道を作っていくフェーズに立ち会えたことにはすごく魅力を感じています。

阿部:正直、もう少し上司と一緒に仕事ができるものだと思っていました。ベンチャー=上司との距離が近く、一緒に仕事をして、そこからフィードバックをもらうことで、より視座の高い成長機会になるというイメージを持っていましたが、今のフェーズでは、全員一丸となって会社を大きくしていく、会社の基盤を整えていくというようなフェーズになるので、一緒に仕事をする機会は、思ってたより少なかったのは仕方のないことですが、最初はギャップでしたね。

新入社員から澤野に聞きたいこと


養會:次は逆にして、新入社員から聞きたいと思います。

館越:入社して4か月経ちましたけど、改めてどういうところに期待しているとかってあるんですか?

澤野:新入社員と言わず、NEWONEに入ってきた人には、みんなに思うことは、のびのびと、言いたいことを言いあえる環境でありたいと思うし、個性をどんどん活かして、お互いの掛け合わせを生んでほしいと思ってるし、そういう組織でありたいと思う。
その中で、新卒は、1番若いし、パワーがあるし、1番組織に染まっていないからいい意味でNEWONEの普通を崩していってほしいなと思う。
もっと言うと、1番やってほしいことは、これからのNEWONEをつくっていくような事業を作ってほしいと思ってるかな。

最後にこれからのNEWONEをどうしていきたいか?


養會:人生100年時代、働き方改革、AIの進出など時代が変化してきている中で、働き方も変化し、新しい組織のあり方を考えていかなければならない時代に突入してきていると思います。
こういった背景がある中で、新しい働き方、組織ということに対して、突き詰めている企業でありたいですし、NEWONEという名前なので、常に新しいものを発信し続けられるような企業になりたいと思います。
個人的には、将来学生向けの教育分野から何か仕掛けたいと思っています。

館越:閉鎖的な会社ではなく、ラウンジなどを設けて、学生同士や学生と社会人がフラットに話すことができ、学生が働くことに対してワクワクするイメージを持てるような場を作りたいです。

澤野:クローズドになりがちなので、外とのコラボレーションをもっと成功させていきたい。人それぞれの個性と強みを掛け合わせて、新しいものを生み出す、シナジーになるような組織でありたいと思う。
あともう1つあって、「個人の想いと仕事が1つになる」をNEWONEとして大事にしてます。1人の想いではなく、色んな人の想いが混ざると難しくなる中で、どこまでいけるんだろう?とは正直思います。でもチャレンジしていくべきだと思うし、チャレンジしたいとも思う。個人の想いと仕事が1つにできるような組織でありたいと思います。

阿部:エンゲージメントが高い組織を作っていきたいと思います。
仕事はしんどいものであると思うし、土日は楽しいものであると思うし、時間を忘れて仕事をすることが正解だとは思わないんですよね。
だから仕事はFunの意味の楽しいではなくて、エンゲージメントが高い状態は、会社のために何かをしたいと思うような状態だと思うので、エンゲージメントを高めていくようなソリューションサービスを考えていきたいです。

3人の想いや考えをたくさん聞けて、一緒にNEWONEを大きくしていきたいと思いましたし、より多くのお客様に価値あるものを提供したいと思いました。
やはり、こういったお互いの想いや考えを話し合う時間は定期的に設けることが大事だと思いました。

次回、本音対話企画は代表の上林×新入社員の3人になります。

-完-

関連記事

  1. 管理職が持つべき「仕事の減らし方」

  2. 普通って何ですか?

  3. 「働き方/イノベーション」テーマを探求する働き方のすゝめ

  4. 働き方改革を推進するにあたり、最初に受容すべき多様性は何か

  5. 「新入社員こそ、会社の道を切り拓け」

  6. 「働き方」仕事を”対価”から考え直す

人気のコラム

事例紹介

「NEWONE」メールマガジン





企業名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

◆個人情報取り扱い
株式会社NEWONE(以下、「当社」と言います)は、ご提供頂く個人情報を以下のとおり取り扱います。
1.利用目的について
当社は個人情報を、ご登録頂いた個人情報を、メールマガジン配信のために必要な範囲で利用致します。
また、個人情報をご提供いただけない場合、目的を遂行できない場合がございますので、ご了承下さい。
2.個人情報の取り扱いについて
当社はご提供頂きました個人情報を上記利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つように努め、不正なアクセス、改竄、漏洩などを防ぐべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
また、ご提供頂きました個人情報は原則として返却致しません。お預かり致しました個人情報は特定の場所にて保管致します。
3.個人情報の第三者への提供
当社は、以下の場合を除き、第三者へ提供致しません。
(1)法令の規定により開示が要求された場合
(2)人の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
(3)公共の利益を保護するために必要な場合
4.委託などの管理
個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。
5.個人情報の開示等について
当社に対してご提供頂いた個人情報に関して、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止(以下、「開示等」といいます)を求める事ができます。
個人情報の取扱いに関する苦情及び開示等の申し出は、個人情報相談窓口まで、電話かメールにてご連絡下さい。当社の手続き規定に従い、対応致します。
お問い合わせ先:
個人情報相談窓口(個人情報保護管理責任者:株式会社NEWONE 管理部門 tel:03-6261-3514 maill : info@new-one.co.jp)

上記に同意します