スタートアップに入社したからこそのおもしろさ

こんにちは。
NEWONEの養會(ようえ)です。

「働くことをワクワクできる社会を作る」
私はこの志を掲げ、3か月前にNEWONEに入社しました。

今回は、「スタートアップに入社したからこそ味わえるおもしろさ」
というテーマでお話できればと思います。

私が思うスタートアップのおもしろさは大きく3つあるかなと思います。
1つ目は、会社や社員、お客様にとって何をすることがより良くなるのかを見つけ、挑戦できる環境にあることです。

これからより多くの方に、より良い価値を届けるためにはどうしたらいいのか?
イキイキと自分らしく働く社員を増やすためにはどうしたらいいのか?

NEWONEという会社名にも込められていますが、新しい価値、新しい働き方とはなどの観点で考えた時に、スタートアップ企業は制度や事業、インフラの部分などは、まだまだこれからのものばかりです。

1つひとつが、お客様への価値につながったり、会社の未来につながったりと
何もないからこそ見つけて行動すれば挑戦できる機会がある。
これがスタートアップのおもしろさなのかなと思っています。

2つ目は、会社を作っているという感覚です。

私は、大学時代に就活支援団体の代表をしていました。
自組織が大きくなることによって、より多くの方に価値提供をできるようになったり、様々な価値観や背景を持った人と一緒に何かを成し遂げる経験はすごくワクワクする経験でした。

自分が組織に貢献したり、組織を発展させているということが分かりやすいのも1つの楽しさかなと思います。

3つ目は基準値の高さです。
スタートアップ企業は、即戦力になることがより強く求められると思います。

求められる基準の高さや、自分ならここまでできるだろうと思う基準に対して、
現状の自分とのギャップを知った時にしんどくなることも多々あります。
しかし、社会人の基盤となるであろう1年目に基準の高いところに身を置けることは
すごく幸せだなと感じております。

「働くをワクワクできる社会を作る」
この世界観を作れるようにこれからも追い続けて頑張っていきます。

関連記事

  1. 若手・新人育成の生産性をあげるために

  2. 働き方を見直すきっかけ

  3. 「新入社員こそ、会社の道を切り拓け」

  4. 「ティール組織」勉強会から、自組織の在り方を考える

  5. 働き方改革を、企業のメリットから考える

  6. リーダーシップと“詩”