「働き方改革」時代のキャリア開発論

(株)NEWONEの上林です。
「働き方改革」が叫ばれる中、企業は様々な打ち手を模索しています。

「働き方が変わる」
大きなインパクトは、企業だけでなく、そこで働く個人にも。

今まで、企業内でキャリア研修などを行う組織も多く見られましたが、
「働き方改革」のこの時代に、改めて、企業内での「キャリア開発」というものに対して、少し考えを纏めていきたいと思います。

企業内で行われるキャリア研修


個人のキャリア意識の向上が重要。
そういった文脈の中で、「キャリア自律」や「自律的キャリア」という言葉も一昔前からよく言われています。

一人の人間として、責任をもってキャリアを築いてください。
それに対して企業も支援しますから。そういったスタンスも感じます。

一方で、企業から「キャリア研修」という形でプログラム実施を請け負うと、社員一人ひとりが自律的にキャリア開発することを望む一方で、「自社に居続けて欲しい」という前提が強くあることも多く、この狭間で葛藤することもあります。

そういったキャリア研修がどのような形で行われているかというと、
オーソドックスな形だと、Will(意志)、Can(保有能力)、Must(会社から期待・要請)を使い、一つひとつを棚卸し、その上で、重なる部分を増やしていこうというものが多いです。

「働き方改革」時代におけるキャリア論として


Will、Can、Mustをもとに重なる部分を考える。
すなわち、「企業」と「個人」の重なる部分を考えるというものです。

では、その「重なっている」部分とは、何が「重なっている」のでしょうか。

いろいろ見ていると、
・何をするのか(取り組む仕事内容)
・どのような自分になりたいか(自分自身の目標像(能力等))
等で、重なる部分を考えることが多いと感じます。
どちらの場合も、重なると今の仕事に前向きに取り組むことが多く効果的です。

一方で、重なる部分とは、それだけでしょうか。

私としては、その2つに加えて、「働き方改革」のこの時代、
・どのような働き方をしたいか
も考えるポイントになってくると思います。

家族を大事にしながら融通が利く働き方を行いたい意向と、会社側の制度や仕事内容。
副業含めた多様な経験をしたい意向と、会社側の今現在の仕組み。

こういった重なりも、これからは考えるテーマになってくるでしょう。

「働き方」を考える上で、企業側の論理も理解する


「企業」と「個人」の重なる部分として、新たに「働き方」もあると述べました。

ただ、この「働き方」というのは、個人の論理(時間の融通を利かせたい、副業したい等)というものは、ネット上でも多く、自らの意見を持ちやすい一方で、企業側の論理というのは、個人としてはなかなか当事者意識が持てないものだと感じます。

例えば、仕事内容の場合では、「自社内にある●●な仕事」というようにすぐに見えますが、リモートワークを自社でも行いたいけどなぜかできない理由があるようだ、というように、その背景が分からなく、上手く重ね合わすことができにくいことが多くあると思います。
重なりあう部分を考えるためには、両方の立場から考えることが大事であるにもかかわらず。

だからこそ、「働き方」というテーマに向き合い、企業内でのキャリア開発を行うならば、
一人ひとりが、企業側の状況に当事者意識を持つことが大事です。

  • 今の組織のエンゲージメント状況ならば、リモートワークを行うとバラバラになる可能性があるな、もう少し会社全体でエンゲージを高めることが大事だな。
  • 今のビジネスモデルだと営業現場で重い荷物を持つことが多く、性別や年齢に影響を及ぼすところがあるので、それを打破できるプロセスに変えるべきだ。

というように、自社の状況に当事者意識を持ち、実現できるか考え始める。
そして、そのプロセスと共に「自分はどのような『働き方』がしたいのか」と問うことが、自分自身の「働き方」を真摯に向き合う上で、重要なことだと思います。

まとめ:「働き方改革」時代のキャリアを考えるために


働き方改革時代におけるキャリア開発として、
「個人」と「企業」を、仕事内容や目標像でつなげることに加えて、「働き方」という観点から重なる部分を考えることも大事な中で、

  • 自分自身は、どのような組織を作りたいか(働きたいか)
  • 自分自身は、何を大事にして働いているか

この2つの問いに対して当時者意識をもって考えることが、これからの自分らしい「働き方」を模索する上で、大事なことだと我々は考えています。

だからこそ、弊社では、そういったことを考える機会の一つして、
『働き方改革ゲーム -NEWONE-』をリリースしました。

企業側の疑似経営会議を行うプロセスを通じて、企業側がどのようになっているのか、個人の想いと企業の方向性をつなげるためには何が必要かを体感する内容になっています。

new one(新しいもの)

新しい自分で
新しい働き方で
新しい価値を生み出す

自らの想いと仕事が一つになることで
価値が創出される世の中を作りたい

こういった体験を機会に、自分は何を考えているのかを見つめ、
自分の人生を、イニシアティブをもって生きる人が増えてほしいと強く思っています。

★近日開催予定の『働き方改革ゲーム -NEWONE-』の体験会は以下です

◆2018年7月3日(火)開催 無料セミナー
カケハシスカイソリューションズ × NEWONE 共催セミナー
残業抑制や休暇取得推進することが「働き方改革」の本質ですか?
-ビジネスゲームを通じて、これからの組織づくりを考える-
⇒詳細はこちらをご覧ください

◆2018年7月開催(複数日程) 無料体験会
これからの働き方をシミュレーションする
『働き方改革ゲーム -NEWONE-』ゲーム体験会
⇒詳細はこちらをご覧ください

 


■プロフィール
上林 周平(kambayashi shuhei)

大阪大学人間科学部卒業。
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。
官公庁向けのBPRコンサルティング、独立行政法人の民営化戦略立案、大規模システム開発・導入プロジェクトなどに従事。
2002年、株式会社シェイク入社。企業研修事業の立ち上げを実施。その後、商品開発責任者として、新入社員~管理職までの研修プログラム開発に従事。
2003年より、新入社員~経営層に対するファシリテーターや人事・組織面のコンサルティングを実施。
2015年より、株式会社シェイク代表取締役に就任。前年含め3年連続過去最高売上・最高益を達成。
2016年、若手からのリーダーシップを研究するLeadership Readiness Lab設立し、代表に就任。
2017年7月、「和×人材育成」をコンセプトにした和の大学株式会社を設立。
2017年9月、これからの働き方をリードすることを目的に、生産性向上やイノベーションなどを支援する株式会社NEWONEを設立。
米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー

 

関連記事

  1. 成長の喜び

  2. 普通って何ですか?

  3. 若手・新人育成の生産性をあげるために

  4. そろそろ新入社員研修というものを考え直してみたい

  5. 「ティール組織」勉強会から、自組織の在り方を考える

  6. 自分にしか分からない「葛藤」を貯めていくと、それが価値になる