イマドキの新人は背中を見て育つ? ~「弱さを力に変える」という発想~

こんにちは、ライターの山野です。

この4月、とある高校で新1年生向けに授業をさせてもらう
機会がありました。その中で企業の新人育成にもつながるヒントに
出会ったので、自分の気づきとともに書いてみたいと思います。

授業のテーマは「人間関係づくり」。3時間という時間の中で
身体を動かし、対話をしながら、お互いの共通点や、違いを
見つけていくという趣旨のものです。

気づけば、自分よりも10歳以上若い高校生のエネルギー、
そして素直さに助けられながら、一緒に3時間を楽しむことが
できたなと思う反面、

生徒の声、表情を感じ取りながら、同じ目線に立って
授業のメッセージを言葉にしていく過程には難しさもあり、

生徒への問いかけに一瞬の迷いが出たり、話が長くなったり、
反省すべき点も多々ありました。

そんな中、一緒に授業をサポートしてくれたある人から
後日こんな言葉をかけられました。

細かい点は、これから修正していくにしても
「山野くんらしさ」が出てたのが、何よりじゃないかな。

もちろん一瞬の迷いとかが、生徒や場の緊張感につながっていた
部分もあるけど、

生徒にとっては、「あ、迷っていいんだ」
「いつも完璧じゃなくていいんだ」という安心感というか、
今回のテーマに対して「一緒に悩む」関係になっていた気がする。

これは自分への労いも込めて、その人が言われた言葉だと
思いますが、

客観的に見ると、弱さとか失敗が、生徒にとって
プラスになっている部分もあるかもしれないというのは、
一つの発見でした。(マイナス面もあるのですが…)

そして今回のこの気づき、企業の新人育成においても
もしかしたら通ずることがあるかもしれないと思います。

先輩たるもの、上司たるもの、先生たるもの?
完璧にやらねばならないとか、育成する側にも良い意味での
「責任感」があるのは良いことですが、

私を含め、妙に気合いを入れすぎて?
それが裏目に出ないようにすることも一方で大切ではないかと。

イマドキの新人は、優等生で合格点を取れば満足をする
失敗を過度に恐れるなど、色々言われるわけですが、

だからこそ先輩も時に失敗したり、迷う背中を見せていくことや、
自分が何かを間違った時に、それを認められる素直さを
持ち合わせること大事だったりするのかなと感じます。

(もちろん、緩急が大事であるという前提で)

そして理想を言うならば、「育成する」「育成される」という
関係を超えて、一緒に泥だらけになって、「育ち合う」関係を
模索していきたい。

これまで出会ってきた人の顔を、ぼんやり思い浮かべながら、
そんな決意と反省を胸に抱く、新年度4月であります。

 


■プロフィール
山野 靖暁(yasuaki yamano)
1991年生まれ/大阪府出身
株式会社シェイクに新卒で入社後、研修開発やコンサルティング営業に従事、
多くの企業の人材育成、組織開発に携わり、株式会社NEWONEの創業期にも関わる。
シェイク退職後、イギリスの大学院シューマッハカレッジへの短期留学を経て、
2018年3月より島根県の隠岐郡海士町に、暮らしと仕事の拠点を移す。
地域や、海外をフィールドにした課題解決型学習のコーディネートなど、
高校、地域、行政、民間企業等と連携しながら教育の魅力化に取り組んでいる。
最近のテーマは「他者との関わりの中で、その人らしさが生まれる学びの場」

 

関連記事

  1. 答えるべき問いは何か

  2. 1on1が「部下のための時間」になっているかを振り返る3つのポイント

  3. 「自分の頭や意思で考え、伝えようとする力が弱い」

  4. ビジネスにおける「アート」と「サイエンス」

  5. 新人・若手の主体性・リーダーシップを引き出す方法

  6. 「ダイバーシティ」違和感を価値に