イマドキの新人は背中を見て育つ? ~「弱さを力に変える」という発想~

こんにちは、ライターの山野です。

この4月、とある高校で新1年生向けに授業をさせてもらう
機会がありました。その中で企業の新人育成にもつながるヒントに
出会ったので、自分の気づきとともに書いてみたいと思います。

授業のテーマは「人間関係づくり」。3時間という時間の中で
身体を動かし、対話をしながら、お互いの共通点や、違いを
見つけていくという趣旨のものです。

気づけば、自分よりも10歳以上若い高校生のエネルギー、
そして素直さに助けられながら、一緒に3時間を楽しむことが
できたなと思う反面、

生徒の声、表情を感じ取りながら、同じ目線に立って
授業のメッセージを言葉にしていく過程には難しさもあり、

生徒への問いかけに一瞬の迷いが出たり、話が長くなったり、
反省すべき点も多々ありました。

そんな中、一緒に授業をサポートしてくれたある人から
後日こんな言葉をかけられました。

細かい点は、これから修正していくにしても
「山野くんらしさ」が出てたのが、何よりじゃないかな。

もちろん一瞬の迷いとかが、生徒や場の緊張感につながっていた
部分もあるけど、

生徒にとっては、「あ、迷っていいんだ」
「いつも完璧じゃなくていいんだ」という安心感というか、
今回のテーマに対して「一緒に悩む」関係になっていた気がする。

これは自分への労いも込めて、その人が言われた言葉だと
思いますが、

客観的に見ると、弱さとか失敗が、生徒にとって
プラスになっている部分もあるかもしれないというのは、
一つの発見でした。(マイナス面もあるのですが…)

そして今回のこの気づき、企業の新人育成においても
もしかしたら通ずることがあるかもしれないと思います。

先輩たるもの、上司たるもの、先生たるもの?
完璧にやらねばならないとか、育成する側にも良い意味での
「責任感」があるのは良いことですが、

私を含め、妙に気合いを入れすぎて?
それが裏目に出ないようにすることも一方で大切ではないかと。

イマドキの新人は、優等生で合格点を取れば満足をする
失敗を過度に恐れるなど、色々言われるわけですが、

だからこそ先輩も時に失敗したり、迷う背中を見せていくことや、
自分が何かを間違った時に、それを認められる素直さを
持ち合わせること大事だったりするのかなと感じます。

(もちろん、緩急が大事であるという前提で)

そして理想を言うならば、「育成する」「育成される」という
関係を超えて、一緒に泥だらけになって、「育ち合う」関係を
模索していきたい。

これまで出会ってきた人の顔を、ぼんやり思い浮かべながら、
そんな決意と反省を胸に抱く、新年度4月であります。

 


■プロフィール
山野 靖暁(yasuaki yamano)
1991年生まれ/大阪府出身
株式会社シェイクに新卒で入社後、研修開発やコンサルティング営業に従事、
多くの企業の人材育成、組織開発に携わり、株式会社NEWONEの創業期にも関わる。
シェイク退職後、イギリスの大学院シューマッハカレッジへの短期留学を経て、
2018年3月より島根県の隠岐郡海士町に、暮らしと仕事の拠点を移す。
地域や、海外をフィールドにした課題解決型学習のコーディネートなど、
高校、地域、行政、民間企業等と連携しながら教育の魅力化に取り組んでいる。
最近のテーマは「他者との関わりの中で、その人らしさが生まれる学びの場」

 

関連記事

  1. イノベーションのコンテストを開催しました。

  2. 人の可能性は想像を超える

  3. 「自信とは何か」

  4. 「働き方改革」時代のキャリア開発論

  5. 「境界線」に魅せられて ~自分らしい働き方のヒントを探る~

  6. 普通って何ですか?

人気のコラム

事例紹介

「NEWONE」メールマガジン





企業名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

◆個人情報取り扱い
株式会社NEWONE(以下、「当社」と言います)は、ご提供頂く個人情報を以下のとおり取り扱います。
1.利用目的について
当社は個人情報を、ご登録頂いた個人情報を、メールマガジン配信のために必要な範囲で利用致します。
また、個人情報をご提供いただけない場合、目的を遂行できない場合がございますので、ご了承下さい。
2.個人情報の取り扱いについて
当社はご提供頂きました個人情報を上記利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つように努め、不正なアクセス、改竄、漏洩などを防ぐべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
また、ご提供頂きました個人情報は原則として返却致しません。お預かり致しました個人情報は特定の場所にて保管致します。
3.個人情報の第三者への提供
当社は、以下の場合を除き、第三者へ提供致しません。
(1)法令の規定により開示が要求された場合
(2)人の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
(3)公共の利益を保護するために必要な場合
4.委託などの管理
個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。
5.個人情報の開示等について
当社に対してご提供頂いた個人情報に関して、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止(以下、「開示等」といいます)を求める事ができます。
個人情報の取扱いに関する苦情及び開示等の申し出は、個人情報相談窓口まで、電話かメールにてご連絡下さい。当社の手続き規定に従い、対応致します。
お問い合わせ先:
個人情報相談窓口(個人情報保護管理者:株式会社NEWONE 管理部門 tel:03-6261-3514 maill : info@new-one.co.jp)

上記に同意します