若手・新人育成の生産性をあげるために

(株)NEWONEの上林です。
4月に入り、多くの企業では新入社員が入社してきたのではないでしょうか。
私自身もこの時期は、各社で新入社員研修のファシリテーションを行います。そして、そのピークが終わると、OJTトレーナーと呼ばれる新人の育成担当者に対するプログラム実施の時期です。

そのような中、改めて、新人や若手社員の育成に関して、考えてみたいと思います。

忙しい中での現場での育成。生産性向上の余地は


「働き方改革」が叫ばれる中、残業時間抑制や生産性向上が求められる昨今。
その一方で、人材こそが重要だというメッセージのもと、「人材育成を強化」と方針を掲げる企業も多くあります。

そのような状況だからこそ、OJTトレーナーや管理職の皆様と“育成”に関するプログラムをご一緒させていただくと、「育成が大事なのはわかっているが、時間がない」というような意見を本当に多く聞かれます。
そのため、新人や若手に対する育成としてのスキルをお伝えし、出来るようになってもらうことは、なかなか心苦しいことではありますが、必要なことでもあるという葛藤もあります。

しかし、忙しい状況での育成ですが、
世の中全体で「生産性向上」という言葉が使われいる中で、新人や若手への育成に対しては、「生産性向上」という観点から考えられているのか、今一度考えてみたいと思います。

育成の生産性に関して考えさせられた二つの事例


以前にコンサルティングを実施する中で、印象的だった2社についてお話したいと思います。

1社目は、老舗のメーカー様で、管理職の方を中心に、半年間かけて育成風土を作るというプロジェクトを実施していただきました。
組織風土診断を行い、各項目を分析して、そのスコアをあげるために、全管理職が自分のやるべきことを決めて、行動し続けるものです。月に1回の行動度合報告もあり、頑張った半年間だったと思います。

半年後、再び、組織風土診断を行いました。すると、結果は、ほとんど変わらないスコアに。
納得できない感情を持ちながら深く内省された管理職の皆様がおっしゃっていたのが、
「自分自身、いろいろ行っているつもりだった。だが、この結果を見て思ったことは、行っていることと伝わっていることは違う。自分たちは、真面目に行うことばかりをしていて、伝わっていなかった。」
という言葉。結果を見ながら、何が大事かを内省されていたのが印象的でした。

もう1社は、専門商社様で、こちらも管理職の方中心に、特定の一人を3か月かけて育てるというプロジェクトを実施していただきました。
初回に育成計画書を作成し、毎月進捗報告を行っていただき、3か月後に集合プログラムで集まっていただきました。ご自身として、何を行って、どれくらい効果があったかをシートに記入していただいた後、事前に「育成される側」に記載していただいた「行ってもらったこと」、「感じたこと」をまとめたシートを管理職の方々に返却をしました。

管理職の方々は、「出来ていないと思っていたが、意外な打ち手が本人に響いていて驚いた」「かなり行ったつもりが、全然伝わっていなくて、非常にショックだった」「この施策、時間かけたのに、全く無駄だった」など様々。ただ、管理職本人の認識と、育成される側の感覚には違いがあるのは共通でした。

若手・新人育成の生産性を上げるために


育成とは、育成される側が成長することが目的であり、育成者がかかわることが目的ではありません。

1. 自分が育成としてかかわっている
2. 育成される側にきちんと伝わっている
3.育成される側が行動して、成長・成果につながっている

1. ではなく、2.3.で。
言われると誰でもわかることですが、忙しい職場では、1.に注目して、やっているつもりになってしまう。特に、真面目な方に多くある傾向だと思います。

だからこそ、自分の行っている感覚と相手の受け取りの感覚は違うものという強烈な体験をすることが、育成の効果につながり、結果的に生産性を上がるのだと思います。

若手や新人を育成するにあたり、もちろんスキル獲得は大事ですが、
育成の生産性が高まる経験の付与も、この「働き方改革」の時代において、重要なことではないでしょうか。

 


■プロフィール
上林 周平(kambayashi shuhei)

大阪大学人間科学部卒業。
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。
官公庁向けのBPRコンサルティング、独立行政法人の民営化戦略立案、大規模システム開発・導入プロジェクトなどに従事。
2002年、株式会社シェイク入社。企業研修事業の立ち上げを実施。その後、商品開発責任者として、新入社員~管理職までの研修プログラム開発に従事。
2003年より、新入社員~経営層に対するファシリテーターや人事・組織面のコンサルティングを実施。
2015年より、株式会社シェイク代表取締役に就任。前年含め3年連続過去最高売上・最高益を達成。
2016年、若手からのリーダーシップを研究するLeadership Readiness Lab設立し、代表に就任。
2017年7月、「和×人材育成」をコンセプトにした和の大学株式会社を設立。
2017年9月、これからの働き方をリードすることを目的に、生産性向上やイノベーションなどを支援する株式会社NEWONEを設立。
米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー

 

関連記事

  1. Web会議システムを使った双方向研修実施のポイント

  2. イギリスで90歳の画家から教わったこと  〜ダイバーシティと観察眼につ…

  3. スタートアップに入社したからこそのおもしろさ

  4. 若手社員の差が出るポイント ~逆算思考④~

  5. 働き方改革を、企業のメリットから考える

  6. 若手社員の差が出るポイント ~逆算思考①~