リーダーシップと“詩”

こんにちは。NEWONEの山田です。 日々感じたことを“描い”ていこうと思います。 前回の“表現することは生きること”や“ビジネスにおける「アート」と「サイエンス」”の話にも通じるものがありますが、今回は「詩」について描こうと思います。 唐突に思われるかもしれませんが、リーダーシップと「詩」には非常に強力な結節点があると言われています。「レトリック(修辞)が命である」という点です。レトリックとは、文章やスピーチなどに豊かな表現を与えるための一連の技法のことです。 言葉巧みに語り、人を沸き立たせる技法は、時に人心を誤らせることもあると思いますが、レトリックがもつ「人を酔わせる、人を舞い上がらせる」力は時に必要な時があります。 言葉以上の豊かな表現とは、どんな経験をしたらできるのでしょうか。何かひとつの経験でもないでしょうし、きっと様々な人生経験をもとに、その人の生き様が表現された結果、豊かな表現になるのだと思います。 私は自分の体験から色々と学ぶ人間なので、なんでもやってみたいと思い、体験したがりの節がありますが、、時に「詩」から感性を刺激することもしています。「詩」に表現されている世界観から、ものすごい妄想を広げていく私もいるわけです。 イメージがどんどん広がります。止まりません・・・。 自分自身の世界観を広げてくれる「詩」の中でも大好きなものがこちらです。
「朝のリレー」 カムチャツカの若者が きりんの夢を見ているとき メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている ニューヨークの少女が ほほえみながら寝がえりをうつとき ローマの少年は 柱頭を染める朝陽にウインクする この地球では いつもどこかで朝がはじまっている ぼくらは朝をリレーするのだ 経度から経度へと そうしていわば交替で地球を守る 眠る前のひととき耳をすますと どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる それはあなたの送った朝を 誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ 谷川俊太郎 氏
※引用元「谷川俊太郎詩集 続」より 私はこの「詩」を読むたびに、世界や人との“つながり”を感じ、自分自身も必要不可欠な存在であると感じます。こういった日常に豊かさをも感じます。 人によって、感じ方考え方は違うと思いますが、言葉以上の豊かな世界観を感じることで、 感性が刺激されます。自分の中の“アート”が磨かれていくのです。 「詩」を学ぶことは、自分自身のリーダーシップも磨かれていくのだと思います。 皆さんは、どんなメタファー(比喩)で相手の心を響かせますか?   ■プロフィール 山田 静香(shizuka yamada) 大学卒業後、大手人材サービス会社にて法人営業・秘書・経営企画を経験後、 営業部門マネジメントに携わる。 2006年シェイクに入社。リーダーシップ開発・組織開発プログラム等のファシリテーションを実施。 エグゼクティブ(パーソナル)コーチングやシステム(関係性)コーチングアプローチでの 組織開発なども実施している。また、管理部門責任者としても組織運営に携わる。 現在は、シェイク・NEWONEファシリテーターとして活動しながら、 可能性の開花を意図するBloomingColorを設立し、人々のそれぞれにもつ色が 表現されるための支援(パステル曼荼羅アーティストとしてワークショップの開催や フラワーエッセンスセラピスト)も行っている。  

関連記事

  1. 【連載?】地域×教育の最前線 〜イノベーションの視点から〜

  2. 「合格点で満足する優等生たち」

  3. イノベーションのコンテストを開催しました。

  4. インターンとアルバイトの違い

  5. 成長の喜び

  6. 強みを伸ばすのか、弱みをつぶすのか? 〜二項対立を超えて〜