「変人」が社会を変える

初めまして、NEWONE内定者の阿部です。

いきなりですが、皆さんは「変人」、つまり「常識外れな行動や考えをする人」に対してどのような印象を抱きますか?

そのような人に対して、「個性的でおもしろい人」や「天才肌の人」などポジティブなイメージを抱く人もいる一方で「コミュニケーションが取りづらい人」や「空気が読めない人」などネガティブなイメージを抱く人も多いと思います。

日本では多様性やダイバーシティが重要視されるようになった現代においても、「常識外れの行動や考え」に対してポジティブな印象を抱く人はまだまだ少ないというのが現状だと思います。
実際に自分の周りの学生たちで「変人」と認識されているような人たちはしっかりとコミュニケーションを取っていけば本当に優秀な人が多いにも関わらず、就活では企業からのウケは非常に悪いという状況を多く目の当たりにしてきました。

よく言われることですが数々の発明を世に残したトーマス・エジソンやアップル創業者のスティーブ・ジョブズのようにイノベーションを起こして、常識を覆した人々の多くは人と行動や考えが異なっていたからこそ、その偉業を成し遂げています。
間違いなく「変人」は社会を変える力を持っている。重要なのはその力を最大化できるか否かである。

では「変だけど超優秀な人たち」が持っている力を最大化する環境を作るにはどうすればよいのか。

まず考えたのは
なぜ「変人」は常識外れな行動や考えをするのか?
ということでした。

みなさんはなぜだと思いますか?

自分が考えたのは
「人と思考する範囲が違うから」
ということです。

人と行動や思考が一致しないのは、通常では人が思考しない範囲のことまで自分で思考しているからなのです。

一般的に人が何かを決める際に
「理由はわからないけどそうゆうものだから」
「自分で考えたわけではないけどみんながそう言っているから」
などが理由になることは多いと思います。

しかし、「みんながそうしているから」などでは納得できず、自分で思考して決めようとするから結果が他の人とは違ってくるのです。

自分の後輩に昆虫食が大好きなまさに「変人」と言える女の子がいました。
その子は人がなぜ豚や牛は食べるのに、昆虫は嫌うし、食べないのかという問いに対する答えがわからず
昆虫に興味を持ち始めました。
そして昆虫食が実は非常に栄養価の高いもので、海外の一部地域では主要な食事として扱われていることを知りました。
そこで彼女は日本でも受け入れられるべきだと考え、昆虫食ビジネスを立ち上げました。

通常、生まれたときから昆虫は食べるものではないし、周りの人も食べていないから食べるものではないと決めてしまうことに対して、自分で理由が見つかるまで思考して、その結果食べない理由はないし、むしろ食べたほうがいいという結論に至ったのです、

このように「常識外れの行動や考えをする人」は人が考えないようなことまで自分で思考するから考えや行動が人と異なり、「変人」とみなされるのだと思います。

だからこそ、他の人が気づかないような観点に着目することができたり、違和感を持ったりすることができて、まったく新しいものを作りだすことができるのです。

そのような「変だけを超優秀な人々」の力を最大化するためには
・「思考する範囲が違うからこそ持つことができた想いや考え」をしっかりと社会に発信する
・同じような想いを抱える人同士をつなげる
ことが重要だと考えました。

そこで弊社の運営する事業であるE-PLACEでは株式会社シンクロンと協働し、
学生コミュニティメディア「クレイジン」をスタートさせました。

「クレイジン」とは「クレイジーな人」の造語で
新しい常識を作るために常識外れな行動に挑戦している学生を取り上げて、
その学生の声を社会に発信するということを目的にしています。

そんなクレイジン学生1人目として
現在、上で例に挙げた「昆虫食大好き女子」を取り上げており、
3/3に神戸でクレイジン主催の昆虫食イベントを行います。
https://www.facebook.com/events/1686237074765303/
メディア自体は未完成なので、興味をお持ちになった方はぜひFacebookページご覧ください。

敷かれたレールから外れにくい社会において
常識にとらわれず、自分の想いにまっすぐに行動していきたいと考えている学生が
少しでも勇気を持って「変人」であり続けられるように、環境を創っていきます。

「変人」学生が集まって、新しい常識を作り出していく。
そんなおもしろい学生コミュニティを作り出していきたいと思っています。

また、そのような「変人」学生に興味がある方がいましたら、ぜひご連絡ください。

 

関連記事

  1. 人生のありたい姿を考える

  2. 「これからの働き方」と切迫感について 〜ウラジオストクで考えたこと〜

  3. 「イノベーション」二律背反を乗り越えろ

  4. <本音対談企画②>社長 × 新入社員 NEWONEについて本音で語り合…

  5. 「しあわせな三角関係~比較するから上手くいく~」

  6. 働くママの学びにレボリューションを

人気のコラム

事例紹介

「NEWONE」メールマガジン





企業名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

◆個人情報取り扱い
株式会社NEWONE(以下、「当社」と言います)は、ご提供頂く個人情報を以下のとおり取り扱います。
1.利用目的について
当社は個人情報を、ご登録頂いた個人情報を、メールマガジン配信のために必要な範囲で利用致します。
また、個人情報をご提供いただけない場合、目的を遂行できない場合がございますので、ご了承下さい。
2.個人情報の取り扱いについて
当社はご提供頂きました個人情報を上記利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つように努め、不正なアクセス、改竄、漏洩などを防ぐべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
また、ご提供頂きました個人情報は原則として返却致しません。お預かり致しました個人情報は特定の場所にて保管致します。
3.個人情報の第三者への提供
当社は、以下の場合を除き、第三者へ提供致しません。
(1)法令の規定により開示が要求された場合
(2)人の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
(3)公共の利益を保護するために必要な場合
4.委託などの管理
個人情報の取り扱いを外部に委託する場合は、当社が規定する個人情報管理基準を満たす企業を選定して委託を行い、適切な取り扱いが行われるよう監督します。
5.個人情報の開示等について
当社に対してご提供頂いた個人情報に関して、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止(以下、「開示等」といいます)を求める事ができます。
個人情報の取扱いに関する苦情及び開示等の申し出は、個人情報相談窓口まで、電話かメールにてご連絡下さい。当社の手続き規定に従い、対応致します。
お問い合わせ先:
個人情報相談窓口(個人情報保護管理者:株式会社NEWONE 管理部門 tel:03-6261-3514 maill : info@new-one.co.jp)

上記に同意します