イギリスで90歳の画家から教わったこと  〜ダイバーシティと観察眼について〜

こんにちは、ライターの山野です。 2月の中旬から、イギリスにある「シューマッハ・カレッジ」という 大学院へ学びに来ています。 大学院と言っても、1ヶ月ほどの滞在で、 シューマッハ・カレッジが定期的に開催している、 短期プログラムへ参加するためです。 「シューマッハ・カレッジって、どんなところ?」と 気になる方は、ぜひWEBサイトをご覧頂ければと思いますが、 今回、Sustainable Enterpriseというタイトルで、 多様性(ダイバーシティ)や、複雑性(コンプレクスティ)の中で 私たちのコミュニケーションや、自分自身との向き合い方を 考え直してみようというコースがあり、 これまでの学びの棚卸しと、次なるチャレンジに向けて ガソリンを入れる意味でも、参加を決めました。 (コースの詳細について、ご興味ある方は以下より) https://www.schumachercollege.org.uk/courses/short-courses/enterprise-live-2018 (写真:シューマッハ・カレッジ正門にて) さて、前置きが長くなりましたが、 アメリカ、イギリス、デンマーク、ブラジル、フランス、モロッコ、 そして日本と、国籍、バックグラウンド、年齢の異なる 15人の布陣で始まった今回のコース、 ちょうど、1週目が終わったということもあり、 振り返りながら、発見したことを書いてみたいと思います。 文字通り「ダイバーシティな」環境に順応していくのは、 楽しくもあり、タフでもある5日間でしたが、 週の真ん中に、Phillip Suttonさんという 90歳の画家(イギリス人)の方を招いたレクチャー、 そしてデッサンを描くというセッションがありました。 プロとして68年間、絵を描き続けているという彼の 言葉は静かに力強く、思わず聞き入ってしまったのですが、 その中でも、印象に残った話があります。(以下引用)
「例えば、森の中にある木をデッサンの対象として描いている時 自分がその木を見ている角度とか、時間の経過とともに日の当たる 角度は少しずつ変化していくんです。ズレてくるとも言えます。」 「だから私の絵は、どこか、対象物そのもの(リアリティ)との 乖離があるんです。形もそうだし、色もそうです。」
(写真:中央の赤い服がPhillipさん) http://www.philipsuttonra.com 彼は乖離があること自体を、おそらく否定はしておらず、 むしろ、それが彼の絵の個性にさえなっているのですが、 いくつかの対話を重ねる中で、彼が続けたのが 「対象物をありのままに見るということは、とても難しい。 ここに水の入っているグラスがありますが、照明が反射する 光なんかは見落としやすいと思います。」 この彼の話は、次のデッサンの実践の中で 身をもって体感することになりました。 1時間リンゴ、バナナと向き合いながら、 描いて、実物と見比べて、また描いてと繰り返すのですが、 形も色も、なかなか上手くはいかないものです・・・ (写真:クラスのみんなが描いたデッサン) この一連の過程を、違い、個性、多様性を生かすという ダイバーシティ推進の文脈に置き換えて思ったのは、 私たちは、つい「自分の見たいように」 もしくは「見たいところだけを」切り取って、 人や出来事を見てしまいがちだからこそ、 自分の中にある、そんな当たり前や前提に気づき、 時にそれを捨てることこそ、ダイバーシティ推進が 花開く第一歩ではないかということです。 (言うは易し、行うは難しですが) 「営業力が強いと評判の会社から転職してきた中途社員、 実は企画や、分析力に長けているのではないか?」 「思い切って新人に仕事を任せてみたら、思っていたより、 主体性や、やり切る胆力があるように感じる」 ビジネスシーンに置き換えても、 言えるところは、少なからずあると思います。 そういう意味では、ダイバーシティ推進というのは たしかな観察眼と、じっくりと人や物事と向き合う 忍耐力が求められるものであり、 決して企業にとって特攻薬ではないかもしれません。 だからこそ、その土壌としての人材開発、組織開発とは、 切っても切り離せないものだと、改めて感じるわけです。 さて、いつの間にやら長くなってきましたので、 今日はこのあたりで切り上げたいと思いますが、 まだ始まったばかり。シューマッハ・カレッジ続編を、 引き続き「発見の熱量」とともに、書いていきたいと思いますので、 よろしければ、ぜひご覧下さい。 (次回に続く) ■プロフィール 山野 靖暁(yasuaki yamano) 1991年生まれ/大阪府出身 株式会社シェイクに新卒で入社後、研修開発やコンサルティング営業に従事、 多くの企業の人材育成、組織開発に携わり、株式会社NEWONEの創業期にも関わる。 2018年1月シェイク退職後、現在はイギリスの大学院シューマッハカレッジに留学、 多様性(ダイバーシティ)の中での、コミュニケーション、コラボレーションの 在り方やプロセス設計について、世界各地から集まる学生と探究をしている。  

関連記事

  1. 組織が活性化する「社員合宿」のつくり方

  2. 2019年の取り組みと2020年に向けて

  3. これからはプロジェクト業務の「進め方」がカギになる

  4. 新入社員に贈る年始に読みたい一冊

  5. エンゲージメントの時代に求められる管理職の役割

  6. 一行読書:「ポジティブ心理学の挑戦 “幸福”から“持続的幸福”へ」