人の可能性は想像を超える

人の可能性は想像を超える。

 

NEWONEの上林です。

人生の中で、「驚愕」したシーンって何?と聞かれると
どのような出来事を想像しますか。

私自身は、20代半ば。
当時、事業の立ち上げに没頭して推進していたのですが、
自分以外のメンバーは、大学1年生含むインターン学生ばかり10名。

仕事経験も結構あった自分としては、
「自分が頑張らないと」と囚われていた中で、

学生インターンたちが、
想像を超えるアウトプットを連発し、
自分よりも全然優秀じゃないかと驚愕したのを覚えています。

体育会畑で育ってきた自分は、
深層心理で、「年齢」の差はあるものという意識ある中で、

「年齢」や「学生だから」と勝手にレッテルを張ってはいけない
と痛切に感じました。

もちろん、多様な経験が人を成長させます。
経験豊富なことが、成果につながることもあるでしょう。

でも、「年齢」だけでシャットアウトしてはいけない。
そこには無限の可能性がある。

当時の経験と、
その後、社会に出て、起業をしたり、組織内でインパクトを残したり、
大活躍をしている当時の学生インターンを今見ながら、
改めて思います。

「年齢」や何かのレッテルではなく、
一人ひとりの可能性が引き出され、
コラボレーションを通じて、新しい価値が生み出される。

組織の枠に縮こまりすぎず、
今までにないものを生み出していく。

そういった人を増やし、社会に価値を増やしたい。

人材育成という分野で15年以上従事してきた上で、
改めて、そこに注力したいと思い、これから向き合っていきたいと思います。

創業の挨拶を兼ねて。
改めて、よろしくお願いします。

 


■プロフィール
上林 周平(kambayashi shuhei)

大阪大学人間科学部卒業。
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。
官公庁向けのBPRコンサルティング、独立行政法人の民営化戦略立案、大規模システム開発・導入プロジェクトなどに従事。
2002年、株式会社シェイク入社。企業研修事業の立ち上げを実施。その後、商品開発責任者として、新入社員~管理職までの研修プログラム開発に従事。
2003年より、新入社員~経営層に対するファシリテーターや人事・組織面のコンサルティングを実施。
2015年より、株式会社シェイク代表取締役に就任。前年含め3年連続過去最高売上・最高益を達成。
2016年、若手からのリーダーシップを研究するLeadership Readiness Lab設立し、代表に就任。
2017年7月、「和×人材育成」をコンセプトにした和の大学株式会社を設立。
2017年9月、これからの働き方をリードすることを目的に、生産性向上やイノベーションなどを支援する株式会社NEWONEを設立。
米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー

 

関連記事

  1. 自分にしか分からない「葛藤」を貯めていくと、それが価値になる

  2. 自分らしさを手放した先にあるもの ~ダイバーシティに「しなやかさ」を~…

  3. 1on1が「部下のための時間」になっているかを振り返る3つのポイント

  4. 「言ってくれれば、直します。‘僕たち‘怒られたくないので」

  5. リーダーシップと“詩”

  6. 働き方改革を、企業のメリットから考える